P/L:ミクちゃん。

今日のミクちゃんのレッスンは、お散歩トレーニングと付随するコマンドの実行性や飼い主さんの対応などについての現状の確認と改善点についてのレクチャーと実践トレーニングです。

お散歩コースで会う犬に対しての反応は様々ですが、当初課題であった飼い主さんが引っ張りまわされるような強い引きや攻撃的な反応は無くなり、飼い主さんのコマンドにも実行性が出てきました。まだ100%ではありませんので、相手の犬の反応や相性により対応には工夫が必要です。但し、ミクちゃんの自発性を確認するには飼い主さんのリードの使い方に改善が必要です。「制御しよう」という気持ちが一番強いですから、リードを張り詰めた状態で維持しがちです。この対応の状態では、的確な誉めもできませんし、反対に的確な指示もできなくなります。一定の距離間の中でミクちゃんの気持ちの成長を確認しつつも、飼い主さん自身の対応のチェックも行なうようにして下さい。

「つけ」のコマンドに対しては、とても素早く喜求的な反応で実行できるようになっています。今後は、ポジションの精度を向上させる為に、誉めるタイミングやトリーツの与えるまでの時間の余裕と解除のコマンドの理解を進めていきましょう。またトリーツの与え方にもルールがありますので、適当な与え方をすると折角、正しい位置にポジションできていてもズレてしまいますので注意して下さい。

同じように「つけ」のポジションから、飼い主さんを意識して「つけ」で歩けるように脚側行進の導入のトレーニングを行ないました。

動きながら誉める事や、コマンドの出し方など今まで飼い主さんの経験した事の無い事が多い為に、練習がひつようですが、ミクちゃんには十分に理解力がありますので刺激の少ない環境下からトレーニングをしてみて下さい。

「待て」のコマンドの実行性も安定してきましたし「伏せ」のコマンドも屋外で姿勢を持続できるようになってきました。ミクちゃんの変化や成長を当たり前と捉えずに、1つ1つを発見して誉めてあげれるように観察力を高めて下さい。また来年も頑張りましょう。


関連記事

  1. P/L:トナ君。

  2. P/L:クーちゃん。

  3. with sarada 118th Yokohama-School

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. C/L:ライマちゃん。

  6. P/L:タンゴ君。

  7. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  8. P/L:巴ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031