P/L:マー君&ゲイリー君。

今日のレッスンは、前回のレッスン同様に、刺激の中でのコマンドの精度の確認とレトリーブトレーニングです。

ステップアップのために

今後のコマンドのステップアップの為にも、誘惑刺激にも勝るコマンドの実行性は、あらゆる条件で確認しておく方がステップアップの際に対応に困らなくなります。前回と同様の階段の下りですが、その先には、いつも遊べる河川敷がありますので先読みをして、心ここにあらずの状態です。

そんな刺激の中でも飼い主さんを意識してアイコンタクトできることは、形ではなく心の成長として評価すべきです。まずは、このコンタクトが取れることから次へのステップアップがありますので、瞬間的なゲイリー君の反応を見落とさずに強化していきましょう。また、パブリックスペースなどの刺激に対しての反応は、ゲイリー君よりもマー君の方に大きな課題がありますので大型犬2頭のパブリックトレーニングは難易度が高くスモールステップアップの考え方が必要です。

 

1頭ずつの成長

前回のレッスンでも1頭ずつの取り組みを行いましたが、特にマー君の過去のレトリーブの意識は、運ぶことよりも所有することに徹底していましたので飼い主さんとの遊ぶ意識は希薄でした。飼い主さんも、同じようにマー君とのレトリーブでの遊びは取り入れていませんでしたので、当然の行動です。ゲイリー君のレトリーブの行動を見ながら、当初は追いかけっこやPULLERの奪い合いでしたが、飼い主さんとの1対1の時間を作ることで引っ張りっこの楽しさやレトリーブの動きを理解してきています。

マー君の場合は、すぐに「Off」で出させるのではなく、引っ張りっこの時間を長くして今まで以上に楽しさを感じさせてあげましょう。

PULLERとは追いかけ方も捕らえ方も違うディスクですので、ラウンドからの全体的な動きも教えながら達成感のある行動にしていく必要があります。その為にも、最終的にはゲイリー君が楽しく感じられるような飼い主さんのスローイングが重要な課題ですので頑張ってください。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:たんぽぽちゃん。

  4. P/L:レオン君。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:花音ちゃん。

  7. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  8. DRDN捜索基礎訓練会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930