with sarada Lodging training in MONTANA。

「with sarada Lodging training in MONTANA」ペンションMONTANAさんにてを開催いたしました。
参加頂いたのは、チャバディ君・パルフェ君&マフイン君・たんぽぽちゃん・ローキーちゃん・モコちゃん&プーちゃん・クイールちゃんの6組8頭です。

残暑の厳しい8月の終わりでしたが、この場所に来るとホッとできる空気感があります。先月よりも吹く風は軽やかで参加された人にも犬にも優しく癒される空間を提供してくれました。個別の課題とトライアルゲームでのコマンドの実行性の確認とプールでのスイミングでのクールダウンで1日目を終了し、2日目は早朝のお散歩トレーニングとマナートレーニングを含めたコマンドの使い方やノーズワークとオビディエンスコマンドの修正ポイントなどのトレーニングを行いました。

 

トライアルゲームでのコマンドの確認

環境が変わることで普段できるコマンドも中々できなくなりますし、ゲームのルールに基づいて動かなくてはいけませんので更に難易度が上がりますが、参加された皆さんの成長がうかがえました。

パルフェ君には、とても長い距離のゲームでしたが、拒否反応もせずに「待て」や「おいで」が上手にできていました。これも1つの経験です。

チャバディ君は、久しぶりのコマンドに少し戸惑いがありましたが、以前から何度も経験しているコマンドですので理解するには時間も掛かりませんし最後までできる実力を兼ね備えています。

 

マナートレーニング

食事中のマナートレーニングを中心に行いましたが、日頃の習慣なども見直す良い機会になったようです。飼い主さんの考え方が変わると犬の動きも安定してきます。

たんぽぽちゃんは、前回の参加での経験が今回のトレーニングにも活かされている面もありましたし、まだ改善が必要な点もあります。食事中のマナーは安定してきていますが、オビディエンスのトレーニングでは、まだたんぽぽちゃんが主体となってしまっている面が多いですから妥協をしないようにすることと、お散歩トレーニングでも飼い主さんが合わせてしまう時間やタイミングが多いですから1つずつ改善していきましょう。お部屋の待機や、飼い主さんが離れる際の吠えは今後の大きな課題です。この吠えも、主導権の表われですので、飼い主さんのコマンドが優先できるようにしていきましょう。このような日常の課題とオビディエンスの課題は、全てつながりや関係があります。

マフィン君は、空気を読んで待機の姿勢が安定していました。パルフェ君は、飼い主さんからの声掛けやコマンドが多いようですので自発性を引き出せるようなフィードバックを考えてあげましょう。

 

ノーズワークセッション

気温が高くなった事でセントコーンの流れも少し難易度が上がってしまったようです。環境も違いましたが良く捜索ができていました。

プーちゃんは、本来の捜索のスイッチが入るまでに少し時間がかかります。気温が高かったので小型犬には少し難易度が高い設定となりました。他の犬に対しての吠えの反応は、まだ改善できていませんので日頃から、今回と同じような対応を繰り返さなければ常に、周りを気にしなければいけなくなります。対応が遅れることやコマンドを無視してしまいますのでシニアでも出来る事は沢山ありますので工夫して下さい。

モコちゃんにも難易度の高い設定となりましたが、非常に集中した捜索ができていました。プーちゃんが吠えると同調して吠えますが、身体的にも負荷がかかり過ぎますので、単に吠えを改善する以外にも今後の生活の面でも考えてあげるようにして下さい。トライアルゲームでは「待て」が安定していますのでタイムも上位で安定してきています。

ローキーちゃんは、気温が高くても微かなセントコーンにも良い反応をしています。ただ、今日はハイバリュートリーツが違った為に本来の能力を発揮できませんでした。オビディエンスに関しては「呼び戻し」も含めて再確認の時期に来ています。ある程度のコマンドの理解力も深まっている為に、不服従の傾向も見られますので、特に飼い主さんのコマンドに対する基準がブレないように考えていきましょう。トライアルゲームも折角の高い能力を発揮できないままコマンドへの反応速度が低下していますので、見直してみてください。

クイールちゃんもハイバリュートリーツではなかった事で、本来のノーズワークができていませんでしたが、集中した捜索ができていました。時々、確認の為のオビディエンストレーニングはコミュニケーションの時間にもなりますので行うようにして下さい。全体的なコマンドへの反応も安定していますが、まだ飼い主さんが離れると鼻なきも見られますので、ある程度の修正を目指して下さい。

 

新しいコマンド

マナートレーニングの際などにも活用できる「マット」のコマンドや椅子の下で待機をする「アンダー」のコマンドの導入トレーニングを行いました。

今回はクリッカーを使い、パルフェ君の「マット」のコマンドを導入部分からトレーニングしましたが理解力もあり今後の生活にも活かしてください。第三者に対しての吠えや攻撃に関しては飼い主さんのコントロールが不可欠です。シッカリとコントロールして下さい。

マフィン君は、「アンダー」に挑戦ですが、日頃から飼い主さんとのコミュニケーションが取れていますので新しいコマンドも何をすべきか?に理解も早いようです。お散歩などでは、飼い主さんの声掛けを少し少なくしながら楽しいお散歩を進めてみて下さい。

次回のwith sarada 29th Logding training in MONTANAの開催は、2018年9月24日()・25日(火)となっております。皆様のご参加をお待ちしております。


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:スフレちゃん。

  2. P/L:サンボ君。

  3. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  4. P/L:リンゴスターちゃん。

  5. P/L:ゲイリー君&マー君。

  6. P/L:リンゴスターちゃん。

  7. DRDN捜索基礎訓練会。

  8. DRDN捜索基礎訓練会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031