P/L:ルイジ君。

今日のルイジ君のレッスンは、他の犬に対しての吠えのコントロールの基礎トレーニングとコマンドの基礎トレーニングです。

視覚に入る他の犬に対しての吠えは、刺激レベルにより違いますがスイッチが入ると中々コントロールできなくなります。

あまりリードを短く持ちすぎたり、ルイジ君がどちらを見ているのか?どちらの方向に進みたいのか?により指示を出す場合と誉める場合の違いが出てきます。動画でチェックをすると、指示の遅さがご理解頂けると思います。

一定の距離をあけながらコマンドを冷静に判断できるようになると落ち着きも出てきますが、視線を良く観察しないと、一気にスイッチが入ります。飼い主さんのルイジ君の反応の変化を読み取れるようにしていきましょう。犬が乗っている車の傍の歩行から、ドアが開いている刺激レベルので差で大きな違いがりますので今後も丁寧なステップアップが必要です。

屋外とは違い室内では、以前よりもコマンドに対しての実行性も高くなり、従う心も育まれててきています。室内で出来ることを屋外でも少しずつ出来るようにしていきましょう。

「Sit」での「Stay」で離れてから時間を延ばすトレーニングは、良く集中もできています。飼い主さんとの距離や時間を延ばしながらステップアップしてください。

「Down」での「Stay」は、前回のレッスンで出来るようになった「Down」が非常に安定してきています。「Sit」での「Stay」同様に、ステップアップをしていきましょう。また今後は遠隔でのコマンドのコントロールもトレーニングしていきましょう。

「Heel」のコマンドは、誘導の仕方とポジションの確認をしてトレーニングをしていきましょう。誘導の仕方によりポジションにも影響が出てきますのでニンゲン側が、良く理解しながらトレーニングをしていきましょう。「Come」のコマンドのフィニッシュは、飼い主さんの正面に「Sit」できるように教えて下さい。

関連記事

  1. Ruff-Ruff主催 ノーズワーク入門講座inVen!

  2. ノーズワークトレーナークラス

  3. P/C:ゼオン君。

  4. トレーリンググループレッスン

  5. P/L:いちごちゃん。

  6. P/L:シェリーちゃん。

  7. C/L:ヴァイス君

  8. P/L:リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31