オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、パコ君・トナ君です。ペアごとの課題の修正や強化トレーニングに取り組みました。

パコ君は、脚側行進の常歩の姿勢の精度が高い分、速歩での集中力の低下が目立ちすぎますので速歩の姿勢強化にも取り組んでください。また課目終了の脚側停座の反応は引き続き強化が必要ですので、単に視符を出すだけではなく素早く停座できるような働きかけが必要です。行進中の伏臥や自由選択課目での伏臥を伴う課目に関しては、伏臥への反応速度を向上させる為にトレーニングのレベルを考えながら進めて下さい。指導手には自宅や近所の公園での自主練習で出来ている事が基準のようですが、どんな環境下でも同じようにコマンドを実行できるようになるには多くの経験と指導手へのブレない集中力の維持が必須です。普段できるのに何故できないんだろう?ではなく、環境が変わる事で出来ないと言う事ですので今後も多くの経験と指導手にイニシアティブのある関係性の構築を目指してください。


トナ君は、脚側行進の速歩での指導手の歩速が速すぎますのでトナ君とのリズムが合いません。合わせて動くと言う事ではなくトナ君が同調しやすいリズムを見つけて下さい。行進中の伏臥は、最初から確実に実行できるように進めていかないと、やり直しが当たり前になりつつあります。どのコマンドも1度のコマンドで実行する習慣をつける事はとても大切です。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  3. 第1回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  4. ノーズワークSummer Class in Ven!

  5. C/L:クロックちゃん。

  6. P/L:パルフェ君。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:くう君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930