C/L:杏ちゃん。

カウンセリングとレッスンでお伺いした杏ちゃん(柴犬3ヶ月♀)の課題は、ジャレ噛みに対する対応についてのご質問でした。ゲージの中でも大人しく待てますし気持ちも安定しているようです。3ヶ月を過ぎて少し怖いモノが出始める月齢という事もあり慎重な面も見られます。飼い主さんも犬を飼うのが初めてですので様々な対応に対して自信や確認のない状態ですので気持ちの不安定さも様々な課題の要因にもなります。

アテンションとアイコンタクト

課題への対応とは別に杏ちゃんとの今後の生活を共にする上での基本的な取り組みについて「杏」という名前を強化する事と杏ちゃんが飼い主さんへアイコンタクトをする動作を取り入れる為のトレーニングを行いました。

トリーツを使う方法は様々ありますが、ルアーから報酬に切り換える時期やルアーで使うにしても将来的に、どのような意味を持つのか?を理解した上で使うようにしていきましょう。

とても理解力がありますので、アテンションで呼ばれて座るという一連の流れも理解できています。時間のあるときは、ご家族でコミュニケーションをとる為のトレーニングを進めてみてください。

 

犬の立場で考える

擬人化は良くありませんが、杏ちゃんは、どんなことが好きで、どんなことが嫌いなのか?を理解しておきましょう。例えば、頭の上から撫で回すという飼い主さんの愛情表現は、飼い主さん側から見るとスキンシップや誉めている表現ですが、杏ちゃんからみると、あまり好きではない対応。これを理解しないで続ける、その対応をする人が呼んでも傍まで来なくなります。それは必ず撫で回されるから・・・。撫でるという行為も、犬が気持ちよく感じる撫で方もありますので杏ちゃんが好む対応を考えてみましょう。
またゲージに入れる際に抱っこをして、入れてしまうと、抱っこをされるとゲージに閉じ込められるという関連付けになりやすいですから「ハウス」などのコマンドを使いながら自分の足でゲージに入るようにしていきましょう。トイレトレーニングが、とても根気が必要ですし成功事例の積み重ねですので丁寧に焦らずにコマンドでトイレができるように進めて下さい。ジャレ噛みに関しては、遊びの最中のテンションが上がった時の行動ですので、飼い主さんの遊び方のスキルアップと噛んで良いモノを理解させることも必要です。意図的に手を狙ってくるようですが、月齢と共に、本来の杏ちゃんの性質も見えてきますのでお互いが対峙しないような対応を考えていきましょう。

 


 

 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

 

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  3. 第2回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  4. ノーズワークグループレッスン。

  5. P/L:たんぽぽちゃん。

  6. 謹賀新年

  7. P/L:モコちゃん。

  8. ノーズワークグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930