オビディエンスグループレッスン。

今朝のオビディエンスグループレッスンは、ブルース君&リンゴスターちゃん・モコちゃん&プーちゃんの個別の課題に対してのトレーニングです。
ブルース君は、前回のレッスンよりも更に指導手が犬の動きを見ながら犬と一緒に動こうとする努力が反応に表れアイコンタクトの持続時間も延びてきています。
とても簡単なように感じますが「誉める」というフィードバックが本当にブルース君に伝わっているのか?という事に対して、今よりももっと自信を持って伝わっていると言い切れるように心から誉めて伝えられるようにしていきましょう。待機中もそうですが、トレーニングの時だけではなく理想的な行動を誉める余裕がないと良い関係性も築く事はできません。
気持ちをポジティブにして現在の課題の脚側停座や脚側行進に取り組むと確実に集中力の高い動きにつながりますしたのでCDⅠの課目もクリアできていました。
リンゴスターちゃんは、今までより1歩ステップアップしてコーナーやターンの膨らみやオーバーランを修正する為に、ポイントを絞って指導手とタイトに動けるようにトレーニングをしました。
新しい対応が1つ増えてしまうと、その事ばかりに気を取られ、誉めなければいけないタイミングで誉めれなかったり正しい脚側行進を維持できなかったりしますので、対応できるように努力して下さい。
招呼に関しては、少し意欲の低下が見られる動きが続いていましたが今日の招呼は、以前のようにダッシュで指導手の元まで走ってくる事ができていました。指導手の誉める行為が習慣から癖にならないように声掛けを禁止していましたが、今日のように自主性が強くなり理想的な動きに気づいた瞬間はタイミング良く誉めて安定した動きにしていきましょう。
伏臥と立止は、サポートの手の動きを少しずつ無くしていくようにしながら強化して下さい。
モコちゃんは、前回から脚側行進での報酬量を減らした事で集中力の低下と指導手との距離間が課題でしたが、その分、シッカリと誉める事でリカバリーしながら意欲と集中力を維持できるようにしていきましょう。コーナーごとの動きも徐々に理解できるようになり動きも良くなっていますので1つずつステップアップして最終的な動きを目指していきましょう。
招呼の静止姿勢は、安定してきていますので時々、変化を加えながらミスをさせないようにトレーニングをしていきましょう。
伏臥は、脚側停座が安定してきましたので真っ直ぐな伏臥になっています。立止に関しては、出来る限り後ろ足始動の立止を目指して暫く取り組んでみて下さい。
プーちゃんは、意欲を集中力に変換してポジションを安定させながら脚側行進でのコーナーの膨らみや先行しないようなコントロールで進めてみました。また課目終了時の脚側停座の決め方は、今後も正確性を強化して取り組んでいきましょう。
行進中の作業は、少し迷いがありますが極端なものではありませんので丁寧に関連付けていきましょう。
但し、あまりパターン化で教えていくとミスをした場合に修正が難しくなりますのでランダムでも集中力を維持させて失敗をさせないように進めたいと思います。
遠隔課目の動きの修正に関しては、まだ前へ出る傾向が改善できていませんので引き続き取り組んでいきましょう。

関連記事

  1. オビディエンス・グループレッスン。

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. with sarada Lodging training in MON…

  4. 飯能日高消防山岳救助隊・埼玉県警・DRDN連携活動合同訓練

  5. P/L:ドンタ君。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. P/L:スフレちゃん。

  8. 緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031