P/L:ちょぼちゃん

今日のちょぼちゃんのレッスンは、前回のカウンセリングレッスン以降の変化や、引き続き現在の課題への対応と基本的なコマンドの強化トレーニングなどです。

相変わらずエネルギッシュで人懐っこく陽気で、いつも楽しそうなちょぼちゃん。FIELDは2回目ですが、もう何度も来ているかのような動きでした。お散歩での引き癖などの課題もあるようですので、今日は「Heel」の導入トレーニングや、現在理解している「座れ」と「伏せ」をハンドシグナルと同時に実行できるようなトレーニングを行いました。

新しいコマンドのトレーニングに関しては、正しいポジションや動きを理解させる必要がありますので、教える側の飼い主さんのスキルを向上させて、ちょぼちゃんの動きや反応に対処できるようにする必要があります。トリーツを使う場合の、与え方やタイミングなども重要ですので理解を深めていきましょう。

現在理解している「座れ」に関しては、前回のレッスンで行ったアテンションの強化でも同じように停座をする習慣を強化していますので問題なく実行できていますし、アイコンタクトも強く安定しています。

「伏せ」に関しては、トリーツの有無で実行性が違いますので、あまり長い期間、誘導的なトレーニングをせずに、報酬としてトリーツが与えられるように切り替えていきましょう。ハンドシグナルとの関連付けは、飼い主さん側のコマンドと同時にハンドシグナルを出して理解させていきましょう。

呼び戻しに関しては、アテンションも含めた「おいで」のコマンドに対しての反応は、前回よりも反応が出ていますが、環境刺激が加わる事で不安定さも出てきますので、焦らずに根気強く教えていくようにしましょう。

遊びのレトリーブは、天才的な能力を持っています。家庭犬の枠を超えてた作業を教えても応えられるポテンシャルの持ち主ですので、その分、家庭犬としてのコントロールは飼い主さんのスキルにかかっています。これからもちょぼちゃんを良く観察して良い関係性の構築に取り組んでいきましょう。


関連記事

  1. with sarada 148th Yokohama-School

  2. JKC神奈川北スーパードッグトレーナーズクラブ訓練競技会

  3. トレーリンググループレッスン

  4. P/L:ローキーちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:ポムちゃん

  7. P/L:マフィン君。

  8. P/L:パコ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930