P/L:ラムネ君

今日のラムネ君のレッスンは、前回のカウンセリング後の様子や現在の課題についての取り組み方についてのレクチャーと実践トレーニングです。

益々元気でパワフルに育ってきているラムネ君。とても集中力がありますので飼い主さんがアプローチの方法を理解していくと、トレーニングが楽しくなるはずです。

今回は、「ラムネ」というアテンションでの呼び戻しや、呼び戻した際の飼い主さんとラムネ君の距離間などにも注意を払いながらトレーニングをして頂きました。

極力、近くまで戻る事を教えていく事で様々な対応が可能になります。また全体的に飼い主さんの手に対してのイメージが良くありませんので、捕まえられないように距離を置く傾向が見られます。このトレーニングでラムネ君との距離間を縮めましょう。

新しいコマンドの「伏せ」のトレーニングに関しては、トリーツの誘導から進めて伏せの姿勢を維持し続ける事までを楽しく教えていきましょう。

誘導の仕方や誉めるタイミング・トリーツの頻度などでラムネ君の理解にも変化が出てきますのでハンドシグナルでも伏せができるようにご家族全員で取り組んでみて下さい。

良かれと思い、ご自分たちでラムネ君に施してきたケアも、ラムネ君にとっては少しマイナスのイメージにつながっている面があるようです。

抱っこにしても、飼い主さんが自信を持って行い安心できる場所としてのイメージ作りをしていかないと不安定な場所として、拒否反応が強くなります。また耳など敏感な部分への接触に対してのイメージの強化も進めて下さい。

次回以降は、屋外でのお散歩の冒険が始まります。まずは室内で首輪やリードへの馴致トレーニングを進めながら大冒険に備えましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:ウィル君

  4. P/L:ハル君

  5. P/L:ミーナ&かん太郎

  6. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  7. P/L:モコちゃん。

  8. P/L:たんぽぽちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829