P/L:紅莉ちゃん

今日の紅莉ちゃんのレッスンは、前回のレッスンの復習と新しいコマンドの導入や現在の飼い主さんのトレーニングの方法の見直しなどを行いました。

ヒールポジションが、少し後方に停座している事が気になっていましたが、中々改善できなったようですのでレッスンの中で改善する方法を実践して頂きました。また、今までの誘導でのトリーツを先行するトレーニングの方法から、報酬としてのトリーツの使い方に変更してステップアップをしていきましょう。この際に、トリーツを持っていない事で紅莉ちゃんがフリーズする場合がありますので、段階を経てステップアップをする必要があります。

ヒールポジションでの「伏せ」に関しては、真っすぐに伏せる事を丁寧に教える事やトリーツの出てくる方向を工夫していきましょう。

無意識に右手ばかりを使うと、紅莉ちゃんの意識は常に右手に向きますので、コマンドの姿勢全体が右側に傾きます。これは、トリーツを持っている手を無視してアイコンタクトを優先させる段階のトレーニングを常に意識させて行わないと無意識に出る手の動きで犬の行動に癖がつきます。

正面では、かなりアイコンタクトが集中できるようになってきていますが、トリーツを手に取ろうとして手が動くと同じように右側に崩れてしまいますので、ディストラクションを加えてもアイコンタクトがズレないようにトレーニングをしてみて下さい。

新しいコマンドとして「立って」での「立止」の導入を行いましたが、今までの生活の中で飼い主さんの手が体に触る方向により拒否反応が出ていましたので、手に対してのイメージを強化しながら進めてみました。

まずは正面から停座の姿勢から「立って」で後肢を跳ね上げて立つように意識させます。この際の右手の位置と左手のサポートする手の動きをシッカリ理解し、立った瞬間にトリーツを与えられるようにタイミングを覚えるようにして下さい。これができたら、ヒールポジションの脚側停座の位置で同じように立止のコマンドで実践してみて下さい。

確実にメンタル面の成長とコマンドの理解も進んでいますので焦らずに紅莉ちゃんのペースでトレーニングをしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:サニー君

  2. P/L:ジャック君

  3. オビディエンスグループレッスン

  4.  C/L:ローズクイーン君

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:レオン君。

  7. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031