オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、パコ君・レティーちゃん・ウィル君・龍君です。ペアごと課題の確認やトレーニングを進める上での改善点についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

パコ君は、脚側行進のスタートの際の「Heel」コマンドに対しての反応を速くする事を意識してトレーニングを行いました。屈折の動き方をもう少し丁寧に進めるとより良い脚側行進になりますので取り組んでみて下さい。物品持来に関しては、少しずつ環境を変えながらステップアップするべきですが、ダンベルに対しての意欲が低すぎますので意欲を引き出すトレーニングが必要です。


レティーちゃんは、各屈折の動きと報酬を与えるタイミングをワンパターンにしない事・誉め方の工夫などのいくつかの注意点を意識してトレーニングに取り組んで頂いています。レティーちゃんの理解の深まりを感じられるようにしながらトレーニングの意味を考えていきましょう。


ウィル君は、指導手の手の位置をステップアップしながら進めていく必要がありますので、特に速歩の場合は現在の位置から通常の速歩の際の手の位置に変更しながらも集中した脚側行進を目指していきましょう。伏臥の反応速度のステップアップは、まだ細分化できていないようですので少し考えてみましょう。


龍君は、脚側行進の同調性は安定していますので無理にアイコンタクトを求めずに現状の同調性の安定感を高めて下さい。但し、屈折時の指導手に対しての意識は常に確認をしましょう。伏臥と立止は、とても良い実行性とバランスですので、全ての課目の終了時の脚側停座を安定させるようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:麦ちゃん

  2. with sarada 121th Yokohama-School

  3. P/L:トナ君。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:Mike君。

  6. トレーリンググループレッスン。

  7. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  8. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31