P/L:アスラン君

久しぶりのトレーニングとなったアスラン君。最近の状況の確認と現在理解しているコマンドのステップアップや呼び戻しのコマンドの導入トレーニングを行いました。

犬や人が大好きなアスラン君ですので、環境刺激が強くなると飼い主さんからのコマンドが届かない場面も多いようですので、確実に呼び戻しができるようにしていきたいところです。犬種的な特性を考えた場合も、鳥などに対しての反応がありますので「Stay」も必要不可欠ですが「Come」の実行性を安定させる為にも基礎トレーニングのイメージがとても大切です。

ご家族全員が同じルールの中でトレーニングをして、誉めるタイミングやトリーツを与えるタイミングを考えながらステップアップをしていきましょう。今回は、「Come」で呼び戻した場合は、飼い主さんの正面に「Sit」するように教えますが、まずは飼い主さんの直近に「Sit」する為のベースづくりをしながら進めて下さい。

以前から取り組んでいる「Heel」のコマンドに関しては、試行錯誤で進めて頂いていますが、ピンポイントのポジションの理解が進んでいませんので、「ここらへん」というポジションから「ココ」というポジションの精度を向上させる為のトレーニングを行いました。

Heelでの停座からHeelでの歩行、そしてHeelでの停座という一連の流れを集中して出来るようにしていきましょう。この際のトリーツの与え方やホールドの仕方にテクニックが必要ですのでアスラン君の頭の向いている方向を気にしながら修正をしてください。

これも、ご家族全員が共通認識の中で進める事が、アスラン君の混乱を無くしますので同じフィードバックを心掛けるようにして下さい。日々の生活の中で活用できる意味のあるコマンドをトレーニングしていく事が、とても大切です。


関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  2. P/L:江真ちゃん

  3. P/L:タンゴ君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. DRDN理事会。

  6. P/L:Beeちゃん

  7. P/L:シェリーちゃん。

  8. P/L:らく君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031