P/L:凜ちゃん。

今日の凜ちゃんのレッスンは、お散歩トレーニングと拾い食い禁止トレーニングそして刺激の中を歩くトレーニングと「待て」のステップアップを行いました。
刺激の少ない中であれば、以前よりも飼い主さんを意識して歩く事ができるようになりましたが、時々、目に入る興味深いものや知り合いの飼い主さんや犬を確認すると瞬間的に強い引きが表れ、飼い主さんも、引っ張られてしまっていますので、タイミングの良いコントロールが必要です。リードを張った状態で制御しても結局は、目的の場所へ辿り着ける経験を積み重ねると、この行動自体をコントロールできている事にはなりませんので反応する前に「待て」のコマンドで行動をとめられるようにしていきましょう。その場での「待て」は今日のレッスンのように、刺激に対しての反応が見られたら「待て」で動きを止められるようにし、静止できている状態は良く誉めるようにして下さい。この誉めが上手に伝わらないと、ただ単にコントロールされているだけになり自発性が引き出せません。
同じように地面にある小枝などの誘惑に対しての拾い食いの行動も、「拾えた・拾えない」はゲームになりますので食べるものも遊ぶものも、全ては飼い主さんの手から与えられるという認識を強められるようにしていきましょう。
歩きやすい場所のお散歩は、余裕がありますが人が多い場所は空間に余裕が無くなり、通れるスペースは限られます。また人が大好きな凜ちゃんは「かわい~」などと声を掛けられるだけで嬉しくなりコントロール不能になりがちですので、現在の月齢から、色々なシチュエーションを経験させるという意味でも、環境刺激に対して積極的にチャレンジしていきましょう。このような場所では、今まで以上に飼い主さんへの意識は低下して、周りへの興味が強くなりますので声掛けなどもいつもより分り易くし、誉め言葉も大袈裟に表現する事が大切です。周りの誘惑に負けないような飼い主さんの表現力は、このようなトレーニングに限らず、いつも用意しておきましょう。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:ここちゃん。

  2. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  3. JKC神奈川北スーパードックトレーナーズクラブ クラブ訓練競技会。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:スフレちゃん。

  8. ノーズワークグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728