P/L:トナ君

今朝のトナ君のレッスンは、オビディエンストレーニングです。現在の課題への取り組みが中心ですが、指導手の観察力や誉めるタイミングの改善などが今後のトレーニングには不可欠です。

脚側停座の集中力は、まだ周囲の刺激に左右されやすく課目によっては、ダブルコマンドやトリプルコマンドの要因になりますので引き続き脚側停座の集中の維持時間を延ばし、コマンドに対しての反応速度を向上させましょう。前回までは、全く動こうとしなかった伏臥のコマンドに対しても素早く動けるようになっていましたが、指導手の体符が目立ちますので、どの段階まで引き上げてトレーニングを行い、犬の理解を確認できるか?がポイントです。行進中の伏臥の実行性が低いですから簡単な視符だけで実行性を安定させる為には、それに伴うトレーニング必要です。課目の後半の集中力の低下を考えると現在の自由選択課目は、非常にリスキーですので課目の変更を考えてあげましょう。


関連記事

  1. P/L:ウィル君。

  2. P/L:シェリーちゃん。

  3. P/L:ブルース君。

  4. P/L:トナ君

  5. P/L:グリ君

  6. P/L:スピカちゃん

  7. C/L:こひばり君

  8. P/L:ローキーちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31