P/L:プリモ君

今日のプリモ君のレッスンは、他の犬とのすれ違いを含めたお散歩での対応や基本的なコマンドの理解と解放の認識。遊びの中からの呼び戻しの実践トレーニングです。

犬とのコミュニケーションが大好きなプリモ君は、すれ違いの際に飼い主さんに対しての意識が希薄になりがちで、リードでコントロールしても中々思うように飼い主さんの意図を理解してくれないようです。

相手が止まっているシチュエーションと自分が止まっているシチュエーションや、双方が動いているシチュエーションでは、トレーニングのレベルが違いますので一番対応しやすいシチュエーションからステップアップしていきます。

この際の相手との距離間も、トレーニングのレベルには大切な要素です。近くても相手を無視して飼い主さんに集中ができるかどうか?この集中が非常に難しいトレーニングとりますので、形だけではなく「従う気持ち」を育んでいかないと刺激には弱くなあります。

同じことを、相手を変えて行う事もトレーニングレベルが変わりますし高度になりますが、相手の犬のレベルによってもプリモ君の反応が変わりますので成功事例を積み重ねることを考えると良い経験を多く積ませることが必要です。

シッカリと飼い主さんへの意識が向けられるようになったら、一旦「Sit」で座らせてリードを外した状態で「Stay」で待たせておいてから「OK」の解放のコマンドで遊びが始まります。

「Come」の呼び戻しに関しては、お散歩の動きにも飼い主さんへの不服従が見られるようにコマンドを無視する傾向が見られます。

ボールを使ったレトリーブの中に「Come」のコマンドを入れながら、強化していく事と刺激レベルの低い状況下でコマンド実行性を高めていきましょう。


関連記事

  1. P/L:リサちゃん

  2. with sarada 122th Yokohama-School

  3. P/L:ウィル君。

  4. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

  5. トレーリンググループレッスン。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:トラ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930