オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、パコ君・ローキーちゃん・トナ君・ウィル君です。それぞれの現状の確認と課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

パコ君は、少しずつですが実行性が伴い始めています。まだ紐なし脚側行進の動きには、犬に合わせてしまう傾向が見られ、パコ君もそれを感じ取り、歩度が徐々に遅れるようになっています。招呼の反応は、改善されてきています。脚側停座の集中の維持や、切り返しの際の指導手との同調性なども課目のスタートに向けて必要な要素を揃えられるような動きを確立させてください。


ローキーちゃんの脚側行進は指導手の動き方に改善が見られるようになりましたので同調性が高くなっています。招呼も以前のような緩慢な動きではなく本来の反応が出ていますので現状を維持してください。行進中の停座の実行性は、丁寧に繰り返すことが必要です。


トナ君は、脚側行進のターンと課目終了時のターンの動きの緩慢さが以前よりも改善されてきています。課目終了時の脚側停座は、トナ君の状況を良く観察して、視符を出すポイントは躊躇せずに出して緩慢な動きにならないようにしていきましょう。その場の伏臥は、脚側停座の集中如何にかかっていますので脚側停座の集中を改めて見直してください。行進中の作業は、コマンドの出し方を変えないように注意してください。


ウィル君は、脚側行進のだ2屈折の通過後から速歩で終わるまでの集中が、かなり低下しています。現状で、動きの理解を深めていく為には、細かな観察力と対応が必要ですのでウィル君の動きを良く観察する事が必要ですが、あまりタイトになり過ぎても改善はされませんので、ポイントを考えながら強化していきましょう。


関連記事

  1. P/L:トナ君。

  2. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  3. P/L:ローキーちゃん。

  4. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

  5. P/L:ヴィオラちゃん

  6. with sarada 139th Yokohama-School

  7. P/L:トナ君

  8. P/L:きなこちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930