P/L:大豆君。

今日の大豆君のレッスンは、室内でのトイレトレーニングの課題に対しての対応の仕方や食事の際の興奮の改善の状況やお散歩の仕方と基本的なコマンドのトレーニングを行いました。

お散歩に関しては、飼い主さんを意識して歩けるようになっているようですが、誉めるタイミングやトリーツのタイミングを飼い主さんがもう少し覚えて大豆君の理解が進むようにしていきましょう。犬の反応速度は非常に速いですから、ニンゲン側が頭で考えてから行動に移すと、かなり遅くなります。失敗しても良いですから体感で覚えられるように繰り返し行いましょう。また「大豆」のアテンションコマンドに対しての反応が少し低下しています。室内よりも屋外の方が刺激が強いですから、中々アテンションに反応してくれなくなります。室内での叱る機会の方が多くなり、アテンションで叱るようになると余計に反応は鈍くなりますので誉める機会を意識的に増やすようにして下さい。

この反応の低下は、呼び戻しに大きな影響を及ぼします。「呼んでも来ない」という課題に発展しますので、シッカリとアテンションの強化をして下さい。また報酬の与え方を再確認してアテンションとアイコンタクトが関連づくようにトリーツを出す際の方向性を考えて下さい。現在の報酬の与え方を続けると、飼い主さんの手の動きを追いかけるようになり、視線が上に上がらなくなります。視線が上がらずにアイコンタクトができないとコマンドの理解や実行性も低下する事になりますので注意して対応しましょう。全てトレーニングは繋がっています。何かだけを改善するのではなく、課題になる場合の要因はどこにあるのか?を見つけて要因の改善をしていくことが課題の改善に繋がります。これから暑くなります。初めての夏ですので熱中症に気をつけて無理なく過ごさせて下さい。


関連記事

  1. P/L:ローキーちゃん。

  2. P/L:ルードリッヒ君。

  3. P/L:アメリちゃん。

  4. P/L:タンゴ君。

  5. with sarada Lodging training in MON…

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:ローキーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031