P/L:ハル君

今日のハル君のレッスンはディストラクションの中の「呼び戻し」とフリーズの「待て」のトレーニングです。通常のトレーニングで用いる基本的な「呼び戻し」や「待て」とは違い、ディストラクションの中でのコマンドの実行性は、本来の日常の反応に近い状況がうまれます。

自由に動いている状況の中で、飼い主さん以外に呼ばれたり他の犬とのコミュニケーションの途中の呼び戻しの実行性は低下します。この際に、コマンドをどのように優先させるのか?がこのトレーニングのポイントにもなります。前半は、全く飼い主さんのコマンドは無視のハル君でしたが、後半は飼い主さんのコマンドを優先して走って戻ってきてくれました。

また刺激に対して犬が反応した瞬間に「待て」のコマンドで止まれるかどうか?も非常に難易度の高いコマンドです。通常のレッスンで行っている犬を座れや伏せの姿勢で待たせる「待て」とは大きくレベルの違う「待て」になります。

前方の刺激に対して一旦開放しておいて、動き出したら「待て」で停止させてから「来い」で呼び戻します。この一連の流れも、飼い主さんの理解と犬の理解が深まらない限り成立しません。ハル君は、今回初めての経験でしたが、飼い主さんのコマンドを優先して止まり、そして戻ることができていました。

これからも色々なシチュエーションで必要になってくると思いますので、日頃から飼い主さんのコマンドを優先できる関係性を確認しながら構築していきましょう。


関連記事

  1. P/L:花音ちゃん。

  2. with sarada 113th Yokohama-School。

  3. with sarada Lodging training in MON…

  4. P/L:ローキーちゃん

  5. P/L:ハル君

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:スフレちゃん。

  8. オビディエンスグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930