P/L:バロン君

今日のバロン君のレッスンは、コマンドの基礎トレーニングです。

前回のレッスンで行った「お座り」のコマンドの姿勢維持いついては、トリーツを優先せずにまずは誉める事を優先して頂き、バロン君に期待感に基づく姿勢の持続ができるようにしていきましょう。

トリーツを持っているかどうか?のバロン君の判断でコマンドの実行性が不安定になる事は望ましいことではありませんので、「誉める」という飼い主さんからの最高の賛辞がバロン君に伝わるように対応していかなければいけません。

今までの習慣で、全てのコマンドはトリーツを持った状態のルアーで実行されることの方が多い為に、飼い主さん自身の手の使い方も、トリーツ有りきの動かし方になっています。トリーツは報酬として与えますので、まずは誉めてから与えるように飼い主さんの習慣から見直しましょう。

トリーツが無いと「おいで」に対しては、強い抵抗感がありますが、コマンドを無視させないように対応をステップアップしなくてはいけません。この状態を表現されると、飼い主さんとしてはついついトリーツを出して誘き寄せるような対応になりがちですが、バロン君の立場からすると飼い主さんからトリーツを引き出すためには抵抗するとトリーツを得ることを学びますので、トリーツを持たないでコマンドを出すと必死に抵抗するようになります。

これを段階的にステップアップし、ハンドシグナルだけでもバロン君が飼い主さんの元に戻るようにトレーニングをしていきましょう。

今日の最終ステップは、飼い主さんが足を手で叩きながらバロン君の戻るポジションを指示して頂き、トリーツの誘導無しでバロン君が飼い主さんの正面にお座りをする行動までのトレーニングでした。今までの習慣が根強いですから、このレッスンが終わっても日常の生活での飼い主さん自身の習慣(癖)を意識的に改善してください。

また飼い主さんが誉めなければいけない機会がある事に飼い主さん自身が理解されていないようです。何かのコマンドを出すときにだけバロン君に働きかけるのではなく、バロン君が自発的に飼い主さんへアイコンタクトをしている瞬間を見逃さずに今後も誉める機会を増やしてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:ルカ君。

  2. P/L:モコちゃん。

  3. トレーリンググループレッスン

  4. P/L:華瑠美ちゃん。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:ウィル君。

  7. P/L:ぽんず君。

  8. P/L:権三君&一二三ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930