P/L:ローキーちゃん。

今朝のローキーちゃんのトレーニングは、脚側行進のアイコンタクトの姿勢の維持や集中力を持続させる為のトレーニング方法の実践を行いました。特に日頃の環境下でのトレーニング後の報酬の意味の間違った思い込みの改善と共に、飼い主さんである指導手からの許可や解除の意味をトレーニングに活かす事を目的に進めました。

少し撮影角度が違いますが、左のレッスン開始時の脚側行進と右側の修正トレーニング後の脚側行進では意欲の違いがローキーちゃんのアイコンタクトの姿勢に表現されています。

左側の写真はリードも張っていますし、指導手の左手に意識が強いので指導手との距離間が感じられますが、見荻側の画像は、リードの張りが弱まり、自らが指導手の方向に集中して近づいている姿勢になっています。

このルールを指導手もローキーちゃんも理解していく事で、現在の脚側行進よりも更に集中力が持続した脚側行進を実行できるようになりますし、途中で頭が下がる動きも減少してきます。但し、このトレーニングで大切な事は、ローキーちゃんの僅かな反応を指導手が見逃さずに評価し引出す事で、とても重要で難しいポイントです。特に臭いに対して敏感に反応する犬種ですので脚側行進をしながらでもエアセントしますので、向かい風でもアイコンタクトを優先して脚側行進ができるようにステップアップしてみてください。


関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. P/L:しぇり君。

  4. P/L:ライス君。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:Mike君。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. ノーズワークSummer Class in Ven!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930