with sarada FIELD School

本日のwith sarada FIELD Schoolに参加されたのは、リサちゃん&クララちゃん・たんぽぽちゃん&大和君・パコ君・ウィル君の4組6頭です。


参加メンバー


オビディエンストレーニング

オビディエンストレーニングは、屋上のランでペアごとのトレーニングを行いました。晴れたり曇ったりで湿度も高い状況でしたが、短い時間で効率の良いトレーニングを目指しました。

ウィル君は、課目終了時の脚側停座が被り気味になりますので改善していきましょう。脚側停座のポジションも少しズレていますので同じように修正してみて下さい。立止の動きが前脚始動になりつつありますので、前に見えない壁を作るようにトレーニングをして下さい。

たんぽぽちゃんは、理解しているコマンドをシッカリと実行させることを考える必要がります。安易にトリーツを提示するだけではなく指導手の指示が正しく伝われば求められている行動をシッカリと実行できる能力は持っています。そういう点からも、車の乗降時の吠えを放置せずに対応してください。

リサちゃんは、トリーツを多用したトレーニングは、あまり意味を持ちません。トリーツを提示する意味を理解した上で、リサちゃんの学びが深まるような使い方をしましょう。ボールをモチベーターにする場合のサプライズ感が、全くありません。ニンゲンが感じる考え方や行動と犬が感じる事には違いがあります。優先するのは「犬がどう感じるか?」であり、「自己満足の押し付け」にならないように注意してください。

パコ君は、課目トレーニング以外のコマンドの実行性や飼い主さんの観察力などが求められています。犬を見ているようで見ていない事実を再確認してください。飼い主さんが思うほど飼い主さんはコマンドを実行させていませんし、その実行基準が曖昧です。課目においては、脚側停座の修正を前回のレッスン以降にお願いしていますが、まだ真っすぐな脚側停座への安定には時間が必要ですので焦らずに改善をしてください。行進中の作業の反応速度は、以前よりも速くなっていますが、もう少し強化が必要です。

大和君は、左屈折の動きを強化しなければいけませんが、指導手の動きがぎこちない為に理解が進んでいません。左屈折の動き方を指導手が理解した上でショートカットしない左屈折を目指してください。臭い嗅ぎへの意識が強くなると、招呼への反応も鈍ります。臭いを嗅いでいる大和君を注意するのであれば大和君が理解できるように注意して下さい。


トライアルゲーム

今日のトライアルゲームは、いつも皆さんが強化しているクレートを活用したゲームを採用しました。遠隔での「ハウス」と後方からの遠隔の「ハウス」のコマンドを含めたタイムトライアルです。実際の内容は、Insta Liveでアップしてありますのでご覧ください。

今回の優勝者は、勝ちにこだわったクララちゃんでした。おめでとうございます。

順位犬名タイム
1位クララ37″96
2位リ サ46″81
3位ウィル51″37
4位大 和1’05″86
5位たんぽぽ1’06″92
6位パ コ1’13″87

本日のスクールの様子は、インスタグラムでもご覧いただけます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2f276d6a1dcf04a943d9b016fd938751.jpg

本日もスクールへのご参加ありがとうございました。

次回のFIELDでのスクールの開催は

2022年8月14日(日)

AM9:30~PM12:00

参加頭数が多い場合はPM2:00まで延長いたします。

どなたでも参加頂けます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


関連記事

  1. with sarada FIELD School

  2. 犬を迎える前に 犬を迎えた後に

  3. with sarada FIELD School

  4. with sarada FIELD School

  5. with sarada FIELD school

  6. with sarada FIELD School

  7. with sarada FIELD School

  8. with sarada 124th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031