P/L:パコ君

今朝のパコ君のレッスンはオビディエンストレーニングです。現在の課題に対しての修正トレーニングや反応速度の強化トレーニングなどを行いました。

脚側行進の紐付きと紐無しとの差を無くせるように考える必要がありますので紐付きの脚側行進での基本的な動き方を安定させていく必要があります。スタートの際の集中は、いつもの課題ですが脚側停座の際の集中が、そのまま脚側行進に影響しますので今後も脚側停座のトレーニングを欠かさないようにして下さい。また脚側停座のポジションが、胴長の犬種の場合、後肢が内側か外側に流れてしまう癖がでます。指導手から見ると、頭の位置とアイコンタクトがとれているので、真っすぐに感じますが、実は後肢がズレている場合もありますので、脚側停座の切り換えしの際の動きを再確認して真っすぐに脚側停座に入れるようにして下さい。
この真っすぐな脚側停座が出来ているからこそ、真っすぐで速い伏せと真っすぐに素早く立つ立止が完成します。行進中の作業は、どちらもコマンドへの反応速度を強化していくようにトレーニングを組み立てて下さい。また、報酬を与える事で集中が切れてしまう事は今日のレッスンでも明らかに体感できたはずです。報酬を与えるべきトレーニングと集中を切らさずに維持している事を誉める段階のトレーニングなどパコ君の良い面を引き出せるように考えてみて下さい。
オビディエンスの課目トレーニングでは飼い主さんの横で歩けるのに、日頃のお散歩での引きが異常に強く常に引っ張り続けている状況も見られます。これを改善するには、例外のない徹底した飼い主さんからの冷静な対応が必要です。課目トレーニングだけをしていれば全てが改善する訳ではありませんので、その時々でルールを変えたり「まっいっか」というパコ君主導の動きを容認する対応をせず、自ら決めたルールを自らが守り継続してみて下さい。


関連記事

  1. P/L:プリモ君

  2. with sarada 136th Yokohama-School

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:クー君。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:いちごちゃん。

  8. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031