with sarada 118th Yokohama-School

2019年1回目となるwith sarada 118th Yokohama-SchoolをG’sgさんにて開催いたしました。参加されたのは、モモちゃん&レティーちゃん・いちごちゃん・トナ君・たんぽぽちゃん・ローキーちゃん・チャバディ君・ソラちゃん&ウークちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃん・モコちゃん&プーちゃん・リノ君&クイールちゃんの10組15頭です。

社会化や環境馴致、ストレス発散と自由運動のためのコミュニケーションタイムは、自由な時間の中にも、他の犬との相性や多頭飼いの場合のコントロールと自分の犬への観察力なども問われる大切な時間です。

普段のトレーニングを刺激の中で実践してみることは、スクールならではのチャンスと捉えてる必要があります。

早くランで走りたいという意識と、それを分かってしまう飼い主さんの気持ちが犬の先読みやサイレント要求行動を強化してしまいます。落ち着いて一呼吸おいてスタートしましょう。

クレートのドアが開いていても自由行動をしないルールの確認は、こういう機会に実践しましょう。ポカポカで気持ちの良い一日でした。

¦オビディエンストレーニングのステップアップ

プライベートでトレーニングをしているオビディエンストレーニングの現状を実際のリンクを想定してトレーニングを行ないました。

それぞれの課題や強化ポイントはありますが、共通して何をどのように考えてトレーニングを進めるべきか?または課目の理解の仕方や、課目ごとの基本姿勢の重要性を感じていただきました。これからも丁寧に根気強く進めていきましょう。

¦「ジャンプ」のコマンドを教える

今日は飛越板やハードルを使い、「ジャンプ」のコマンドを教えるトレーニングを体験して頂きました。障害の手前で拒否をしないように無理なく進めることが大切です。

¦トライアルゲーム

今回のトライアルゲームは、久しぶりに難易度の高い内容となり、最後までゴールできないペアも多い中、ベテランペアが実力を発揮していました。

誘惑の刺激の多い中で決められたコースと決められたコマンドの実行は難しいですが、日頃からシンプルにコマンドを理解させることでゲームも楽しくクリアできますので、また頑張って下さい。

¦楽しいランチ

まるで新年会のような豪華な持ち寄りランチ!いつも皆さん、ありがとうございます。回を重ねるごとに豪華になり恐縮です。でも、この時間が皆さんの情報交換などの場になり気持ちを高め合う事が、犬たちのQOLの向上もつながると思います。また、たくさん笑って楽しい時間を過ごしましょう。

次回以降のYokohama-Schoolの開催予定です。
2月17日(日)・3月10日(日)・4月14日(日)
ドックランで自由な運動を与えた上げる目的だけでも充分なトレーニングになりますので初めて参加される方も、是非お越し下さい。お待ちしております。

関連記事

  1. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. with sarada 115th Yokohama-School

  5. P/L:モコちゃん。

  6. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

  7. P/L:ゲイリー君&マー君。

  8. P/L:アメリちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031