P/L:ハル君

今日のハル君のレッスンは、日頃のトレーニングで上手にできない点への改善方法をトレーニングし脚側停座と脚側行進の精度向上の為に必要な対応を実践トレーニングしました。

現在の1つの課題は立止の際に前足が2歩ほど前へ動いてしまう動きの改善を進めているようですが中々上手に出来ていないようです。動く前脚をどうにか動かなくする事だけを考えずに脚側停座のポジションと後ろ足始動動くことを理解させましょう。

リードのテンションを活用して前へ出ないようにすると共に、脚側停座の位置と後ろ足への意識とサポートをしてください。

脚側行進を伴う脚側停座の改善と脚側行進自体の強化は丁寧に進める必要があります。あまり焦り過ぎると正しい脚側行進の動きにつながりませんので注意してください。指導手自身の理解は、以前よりも進んでいますのでコマンドを出すタイミングや誉めるタイミングも上手になっています。今後は、必要以上に声掛けを使わずに集中力を高められるようにステップアップしていきましょう。

特に脚側停座のコマンドは1度で正しい位置に脚側停座できる事を目標にトレーニングをしてください。脚側行進の屈折やターンもスムーズに動けることを前提にアイコンタクトを強化して同調性の高い動きを目指しましょう。

伏臥に関しては、脚側停座のポジションを改善した事で真っすぐに伏せる事ができるようになりつつあります。伏臥から脚側停座に戻る際の動きにも注意をしながら課目の完成度を高めて下さい。

立止は、最初のトレーニングで行ったように修正が必要ですので、脚側停座の位置から真っすぐに立てるようにトレーニングをしてみて下さい。脚側停座が曲がっていると、そのまま前方に被ってくるようにな立止になりがちです。


関連記事

  1. P/L:小春ファミリー

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん

  3. P/L:ウラ君

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:獅子君。

  6. P/L:トナ君

  7. P/L:ウィル君

  8. P/L:ブランシュちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031