P/L:まめ君

今朝のまめ君のレッスンは、お散歩での他の犬への吠えに対しての対応やコマンドのステップアップトレーニングなどです。コマンドの強化トレーニングにより、一定のコマンドの理解と実行性は出てきていますが、コマンドの出る環境や時間・タイミングなどが、いつも同じになる傾向があり、飼い主さんが何とか成功させたいという強い気持ちが、その後のステップアップに進むことができないボーダーラインを形成しています。

どのようにステップアップしていけばよいのか?を飼い主さんが再確認をして完成形に近づけていきましょう。例えば「アンダー」のコマンドは、最初は足の下に入る事すらできませんでしたので、現状のコマンドに対しての反応は、とても素晴らしい状態です。次に、この姿勢を維持させるには、どうしたら良いのか?を考える必要がありますが、現在は、トリーツを連続的に与える事しかしていませんので、トリーツが無くなると自主解除をしてしまいます。トリーツを与える間隔や飼い主さんの視線・解除をさせずに「アンダー」のコマンドをシッカリ意識づけながら、まめ君が正しい判断をしたら誉めるなど、「アンダー」というコマンドで姿勢を維持する事を強化していけるようにしていきましょう。

「ついて」や「ゆっくり」などのコマンドも、どちらかというと「できている風」な段階ですので、本当にまめ君がコマンドを理解しているのかどうか?を確認する為に、右手だけでリードを持ちまめ君のポジションを確認したり、トリーツで誘導せずに脚側停座をさせれるようにステップアップしましょう。

他の犬とのすれ違いは、一定の距離間があれば全く問題なくスルー出来ますが、公園などで至近距離に近づいたり相手の飼い主さんからオヤツを貰うなどの条件が重なる事でスイッチが入る場合があります。

今日は、禁止コマンドを理解させる為に、あえて反応するシチュエーションでトレーニングをしましたが、本来は飼い主さんが状況判断をして無暗な反応をさせる状況を作らない事や一時的に回避する事や、コマンドでコントロールする事を優先しましょう。無理な状況下で、まめ君に判断をゆだねる事が課題を大きくさせる要因になりますので注意しましょう。

ただ、他の犬に対しての吠え以外にも、飼い主さんに対して反発心も課題となっていますので、禁止コマンドを明確に関連付ける事は必要です。但し、行動強化トレーニング(コマンドのステップアップなど)で誉める機会を意図的に増やす事は、絶対に忘れずに進めて下さい。

まめ君のペースで、着実に変化も出ていますし何よりも飼い主さんの意識の変化が、まめ君の成長につながっています。今後も様々な経験を積みながら充実した時間を過ごせるようにしていきましょう。


関連記事

  1. C/L:モカ君

  2. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  3. P/L:トナ君。

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. P/L:花音ちゃん。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:モコちゃん。

  8. P/L:ラーラ君&K2君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031