P/L:ハル君

ハル君の今日のレッスンは、オビディエンスコマンドの精度を向上させる為には、どのような基準でトレーニングを考えて行うべきか?について飼い主さんの考え方の整理や改善をお願いしました。

脚側停座のポジションは、とても良くなってきていますし、コマンドに対しての反応や集中も高まっています。脚側行進に移行する際のハル君の視線が落ちてしまう動きに関しては、トレーニングの段階での基準を見直して進める事で改善されます。どこで誉めるのか?もとても重要ですが、現在の飼い主さんの誉め言葉は、ハル君にお願いをしているような意味合いの誉め言葉ですので、シッカリ最後までやり切った際に表現する心からの誉め言葉を掛けれるようにしていきましょう。

前回のレッスンでは、何度もやり直しをしなければいけなかった「招呼」は飼い主さんの体符が無いことでハル君の反応が悪い状態でしたので、同じく体符を使わずにタイミングで覚えさせるように進めたところ、声符のみでシッカリと実行できるようになってきました。

今後は向き合ってから招呼のコマンドを出すまでのタイミングを延ばしながらよそ見をさせないように注意しましょう。

その場での「伏臥」と「立止」は、脚側停座が真っすぐでも実行の際に飼い主さんへのアイコンタクトの為に、斜めになる傾向がありますので引き続き改善していきましょう。

ただ、集中力はとても高く維持できていますし、課目間の切り換えもスムーズに出来るようになってきています。

ボールを使った遊びの中から、今以上のレトリーブの強化をして楽しく遊べるようにする事も飼い主さんの宿題です。

短いセッションを繰り返しながら疲れや飽きっぽさを先行させないように飼い主さんが上手に管理しながら楽しく遊んでみて下さい。


関連記事

  1. P/L:ソラ君。

  2. P/L:こじろうちゃん

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  5. C/L:杏ちゃん。

  6. P/L:アメリちゃん

  7. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930