P/L:リリアちゃん

今日のリリアちゃんのレッスンは、ご家族で共通認識を高める為に、対応を一貫する事やトレーニングの方法を学んで頂きながら同じようにコマンドを出せるようにトレーニングをして頂きました。

現在理解しているコマンドと、今後教えなければいけないコマンドを整理し、現在理解しているコマンドもご自宅で出来ていても屋外で出来ないのでは意味がありませんので屋外で出来るようにする事とコマンド自体の精度を向上させる為には、どのようにするべきか?などをレクチャーと実践トレーニングでレッスンを進めさせて頂きました。

本来のコマンドの意味と、どのような時に必要なのか?またコマンドを理解しているかどうか?の確認など様々な方向性から現在のリリアちゃんの理解を確認して不足している部分を加えていく作業が必要です。また、トレーニングの際には、不必要な会話をしないように心掛けながら、コマンドと誉め言葉をタイミングよく出せるようにしていきましょう。

基本となるアテンションコマンドとアイコンタクトに関しては、トリーツを使う場合の高さや方向性により犬の理解が異なります。正しい与え方で名前を呼ばれたら目を見れるように日頃から習慣づけていきましょう。その為には、飼い主さんのトリーツの与え方がとても重要なカギを握ります。

現在理解している「座れ」「伏せ」「待て」「おいで」なども本来のコマンドの意味としてではなく、芸として認識ですので、本来のコマンドとして理解にステップアップしていきましょう。

「アトヘ」の脚側停座のコマンドに関しては、正しいポジションんを教える上での基礎段階ですので正しく誘導して正しいポジションを教えていきましょう。

誘導の仕方が正しくないと、リリアちゃんの動きもバラバラになりがちです。鼻先とトリーツを付けて誘導できるように飼い主さんのトレーニングが必要です。また鼻の高さの移動で、リリアちゃんの姿勢に変化をもたらせますので、誘導方法を理解してトレーニングをしてみましょう。

屋外の誘惑刺激の中でもアテンションで飼い主さんの方向を向いてくれるようにしていく事が、今後の目標への第1歩です。お散歩などでの引き癖や飛びつき癖に関しても、次回以降のレッスンで改善していきましょう。


関連記事

  1. P/L:トナ君。

  2. P/L:マー君&ゲイリー君。

  3. C/L:Beeちゃん。

  4. P/L:凜ちゃん。

  5. 神奈川訓練士会訓練競技会。

  6. P/L:龍牙君。

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:トナ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031