P/L:ウィル君。

今日のウィル君のレッスンは、最近の課題に対しての取り組みです。

以前よりも周りの刺激に対しての反応が強くなり指導手への集中力の低下に繋がっています。能力が高くコマンドの理解力がある分、どのようにしたら報酬を得れるか?の判断ができます。指導手が、そのウィル君の理解を読みきりながら進めないと1度のコマンドで正しい行動やポジションに移行できずに、何度か動くことで最終的に報酬を得れることだけを理解します。

特に脚側停座の正しいポジションに1度のコマンドで停座できていたのに、最近は何度もやり直しをして、指導手がポジションを譲りながら動くので、同じ場所で脚側停座ができなくなっています。

脚側行進に移行する際のアイコンタクトと集中力も、維持したまま動く事を理解させるトレーニングが必要ですので1歩目の基礎トレーニングを再確認しながら進めましょう。また3歩目にステップアップする際の誉め言葉ですが、コマンドとセットにせずに誉め言葉を少なくしていくことも必要です。

脚側行進の進む方向も、指導手は自分の進む方向は真っ直ぐに目標物に対して進むようにしてウィル君の方向に合わせて進まないようにして下さい。またアイコンタクトは、ウィル君が行うことで指導手がウィル君を見続ける事ではありません。指導手の肩が左斜め後に動く癖は、ウィル君の動きに合わせてしまっている証拠ですので、真っ直ぐに基本姿勢を意識してトレーニングをしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:獅子君。

  2. P/L:華瑠美ちゃん。

  3. with sarada Lodging training in MON…

  4. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

  5. P/L:ローキーちゃん。

  6. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. パブリックトレーニング・グループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031