P/L:こじろうちゃん

今日のこじろうちゃんのレッスンは、お散歩トレーニングや公園での「呼び戻し」と「待て」のトレーニングなどです。

お散歩スタイルに関しては、今までお散歩の中に特にルールは設けていませんので、こじろうちゃんの動きに飼い主さんが合わせてしまうケースが多いようです。合わせれば動く方向も臭い嗅ぎも自由になりますので肝心な時に飼い主さんからのコマンドや声がけには反応できなくなります。「ヒール」のタイトな歩き方以外にも臭い嗅ぎをしないで飼い主さんと歩調を合わせるようなコマンドを設けて楽しいお散歩ができるようにしていきましょう。

屋外では環境刺激が強いために、室内よりもコマンドへの反応は非常に低くなります。特にアテンションに対しての反応は、とても大切ですが、現状は反応があまり良くありません。

あまりにも普段から何かとアテンションである「こじ」というコマンドを使いすぎていますので屋外ではアテンションに対して希薄になります。

「Sit」のコマンドに対しての反応なども、まずはアテンションで飼い主さんに意識を向けてからではないと実行できませんので大切に使いながら屋外でのアテンションへのモチベーターレベルを向上させて強化してください。

今回のレッスンで行った「呼びもどし」のトレーニングの際も、アテンションを使いすぎています。使わなければいけないのは「おいで」ですので、何でも「こじ」で通用するわけではありませんのでシンプルに理解させましょう。

ロングリードを使う場合のコツや注意点を理解しながら意欲的に飼い主さんの元へ走って戻って来るようにトレーニングをしてみて下さい。

「待て」のトレーニングは「Wait」で飼い主さんが離れる基礎トレーニングは室内よりも集中が安定していませんが「伏せの姿勢でも待てるようになっているのは成長を感じさせてくれます。

飼い主さんに対してのアイコンタクトを維持できている事が「待て」のトレーニングの大前提ですので臭い嗅ぎや他の刺激に左右されないように注意しながら少しずつ時間を延ばせるようにトレーニングを楽しく進めて下さい。


関連記事

  1. トレーリンググループレッスン

  2. P/L:アメリちゃん

  3. P/L:いちごちゃん。

  4. C/L:ララちゃん&甜甜ちゃん。

  5. C/L:サラダちゃん&アンナちゃん。

  6. P/L:タンゴ君。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. 捜索要請

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930