P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

今日のブルース君&リンゴスターちゃんのレッスンは、オビディエンストレーニングです。

リンゴスターちゃんは、CDⅠの課目の動きの精度の向上を目標にトレーニングをしていますが、注意しなければいけないポイントを指導手が忘れがちですので1つ1つのチェックポイントを確認しながら動きましょう。

コーナーの動きが良くなってきていますが、まだ理想系にはもう少し強化トレーニングが必要ですし、往路から復路へのターンの同調性は、不安定です。一旦停止で集中させても次の動きの際の集中が持続できないと同じように膨らんだり遅れたりしますので注意して下さい。課目終了時の脚側停座に関しては、1声符でターン後に脚側停座の正しい位置に停座できるようにトレーニングをしましょう。立止は、トレーニングの組み立てを理解して進めないと一辺倒のやり方だけでは修正できなくなりますので再確認して下さい。

ブルース君は、前回のスクールでも同じようにアイコンタクトと集中力の持続についてのトレーニングの見直しをお願いしています。今日のレッスンでもコマンドが出た際のアイコンタクトが全くありませんので脚側停座の位置や実行性も不安定になります。

全ての基礎が不安定のままでは、その先のステップアップへの積み重ねが出来ませんので遠回りでも、確実に基礎トレーニングを積み上げて下さい。特に今後のトレーニングで重要なのは、以前から指摘させて頂いている「犬に合わせない」という感覚です。アイコンタクトをしない犬に対して飼い主さんがしゃがみこんだり顔を覗き込んでアイコンタクトをしているように見せかけても意味はありません。ハンドシグナルを、犬の目の前に出すのではなく犬が飼い主さんを見上げる姿勢の方向にハンドシグナルを出しましょう。脚側停座の際の犬の動きに対して、指導手が犬が停座しやすい位置にずれるという行動は、犬の理解を阻みます。良かれと思い行なっている一連の行動は、高度なオビディエンストレーニングを進める上でブルース君の成長を遅らせてしまう要因ですのでニンゲン側の対応をもう一度見直して下さい。

関連記事

  1. ー お知らせ -

  2. P/L:凜ちゃん。

  3. with sarada 109th Yokohama-School。

  4. with sarada 114th Yokohama-School

  5. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. ー お知らせ ー

  8. P/L:こはくちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930