P/L:こじろうちゃん

今日のこじろうちゃんのレッスンは、少しレッスン期間が空きましたので前回のレッスンまでの復習と宿題の状況。課題のチャイムの吠えへの反応などを確認させて頂きました。

チャイムの吠えに関しては、時々吠える事もあるようですが今回伺った際にも吠えは無く、安定しているようでした。今後もルールは一定にして対応することで更に安定してくると思います。

最近の課題としてトイレのミスがあるようですが、ニンゲン側がもう少しこじろうちゃんの動きを観察して成功させて誉めれる機会を増やしてみて下さい。こじろうちゃんのトイレへの認識はありますのでタイミングを見逃さずに対応できれば改善できるはずです。

前回のレッスンで取り組んで頂いた「lie down」で伏せるコマンドですが、トリーツの誘導無しでハンドシグナルのみでできるようになっているようです。

飼い主さんも最初は少し自信がなかったようですが、こじろうちゃんは既に理解していますので、あまりトリーツが先行する方法を長く行うと、取引感覚が強くなり以前のような状態に戻りますので、必ず報酬としてトリーツの位置づけを考えて下さい。

「Wait」の「待て」のトレーニングは、今まで室内ではオフリードで行い、中々待つことを認識させられなかったようですので、今回はリードを使い、どのようにトレーニングを進めるのか?を再確認して頂きました。

シッカリと飼い主さんへアイコンタクトをして待つ姿勢を維持できるように教えますが、この際の誉め方やトリーツの与えるタイミングなどを考えながら進めて下さい。特に「こじ」のアテンションを乱発しがちですのでシンプルに「Wait」のコマンドを使うようにして下さい。

最後は、「lie down」で「Wait」させるトレーニングにチャレンジして頂きました。「lie down」は飼い主さんが立っても姿勢の維持ができるようになっていましたので、この状態を維持させて「Wait」にステップアップします。

最初は中々集中力が持続できませんでしたが、最後は本当に良く出来ていました。最初は吠え癖の課題からスタートしたこじろうちゃんのトレーニングですが、ご家族の協力を得ながら飼い主さんの頑張りでステップアップが進んでいます。これからも沢山の実用性の高いコマンドをトレーニングをしていきながら課題の克服をしていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:きなこちゃん。

  3. P/L:ラルフ君。

  4. P/L:花音ちゃん&ゴロウ君。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:小雪ちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:ブランシュちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930