オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティーちゃん・パコ君・トナ君・ローキーちゃん・モモちゃん・ウィル君・たんぽぽちゃん・大和君です。それぞれの現状の確認と課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

レティーちゃんは気温が低く濡れている芝生の上でのトレーニングでしたが、良く頑張ってコマンドに従えるようになってきました。指導手の体符は、もう少し改善の余地はあるようです。


パコ君は「待て」の静止が中々できなくなっています。招呼の反応も速い訳ではありませんが、その場に止まる事に対しての不安感や指導手への依存が強く出ていますので単にコマンドを強くするだけではなく静止している姿勢を誉められるようにして下さい。全体的に、犬に合わせる感覚は改善されていませんので引き続き取り組んでください。


トナ君は、指導手とトナ君との主導権争いの最中のようですが、あまりにも指導手側にスキが多すぎたり基準の一貫性が無い事などが要因で、指導手が思うほどトナ君に必死さは感じられません。一定の緊張感を維持させることが集中の維持にもつながりますし、誉めるタイミングも見えてくると思います。


ローキーちゃんは、前回のレッスンでも課題となっていた紐付き脚側行進や紐なし脚側行進での集中は、日頃のトレーニングでの環境と違う事もあり不安定のようです。課目全体の理解は安定していますので、細部の強化を引き続き行いましょう。


モモちゃんには、寒いですし芝生も濡れていることだけで意欲が低下します。そんな中でも課目をこなせている事を誉めながら、やりきる事を考えながらタイミングよく誉めて意欲の維持をさせてあげましょう。その場での伏臥は良く頑張りました。立止は今後も安定感を求めてトレーニングをしてください。


ウィル君は、前回よりも集中力の維持が出来ていましたが、伏臥の姿勢の際の後肢の崩れが改善されていませんので、脚側停座の姿勢の確認をしながら真っすぐ伏せることと姿勢の維持を丁寧に確認してください。


たんぽぽちゃんは、久しぶりの屋外でのオビディエンストレーニングでしたが、トレーニングの成果が少しずつ出ている動きも見られます。招呼の際の反応も以前より速くなっていますし周りへの意識が減少しています。伏臥と立止は、少し前方に出ますので改善しましょう。


大和君は、実質的には初めての屋外での課目の動きのチェックです。着馴れないレインスーツの影響もあり、全く普段とは違う動きになってしまいました。そんな中でも、コマンドの理解はシッカリ出来ていますので、今後は環境に対しての適応能力を強化しながら課目の動きを強化していきましょう。


関連記事

  1. P/L:ブランシュちゃん。

  2. P/L:ライス君。

  3. P/L:ウィル君

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. P/L:ローキーちゃん。

  6. P/L:プリモ君

  7. P/L:パコ君。

  8. P/L:ウィル君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31