P/L:ミルク君

今日のミルク君のレッスンは、前回のレッスンから進めている「伏せ」のトレーニングの進捗状況と「待て」のトレーニングの方法を飼い主さんにご理解いただき、日常のトレーニングで取り入れて頂く事にしました。

飼い主さんは、まだトリーツで誘導しないとできないという判断でしたが、実は既にコマンドを理解していますので、ミルク君の「できない振り」に騙されないようにしていきましょう。今までの経験から、上手に飼い主さんをコントロールする方法を理解していますし、その方法に飼い主さんが疑いもせずにコントロールされてしまっています。

ハンドシグナルで伏せさせ、伏せ続ける事はトリーツを連続的に与えて姿勢の維持を理解させていきましょう。後ろ足が崩れる傾向がありますが、現段階では、まずは「伏せる事」を教えていきながら、次のステップで姿勢の精度を向上させていきましょう。

現在も理解している「待て」ですが、現状のトレーニング方法が間違えていましたので正しい方法を理解して頂きました。

アテンションを多用せずに「待て」のコマンドと冷静な誉め言葉が大切です。またミルク君の視線が常に飼い主さんを見続けている事を確認して行いましょう。トリーツを与えるタイミングや最後の解除なども、このトレーニングを成功させる為のコツです。距離よりも時間を延ばせるようにトレーニングをしてみて下さい。

レッスンの最後は、ランでボール遊び!できれば飼い主さんにシッカリと持ってこれるようにトレーニングをしていきましょう。一人遊びが強化され、その動きを楽しむ飼い主さんをミルク君は楽しんでいますので、どの形を目指すのか?を決めて向き合ってみて下さい。

メンタル的には、人にも犬にも少し怖がりですので、特に人に対しての馴致トレーニングは今後も欠かせません。また自己解決能力や自立心の向上も今後の課題です。ノーズワークなどで少しずつ自信と自立心を養いながら生活への変化を確認してみるのも良いかもしれません。


関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  3. P/L:いちごちゃん。

  4. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

  5. P/L:ルカ君。

  6. P/L:パコ君。

  7. P/L:龍牙君。

  8. P/L:B君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031