P/L:ルーク君

今日のルーク君のレッスンは、前回のレッスンで自主トレーニングをお願いした「待て」のトレーニングの進捗状況と「伏せ」の導入トレーニングなどです。

「伏せ」は少し根気が必要ですが、ご自宅であれば今回の方法で姿勢の理解は進められると思いますのでチャレンジしてみて下さい。

「待て」のコマンドを出す前のルーク君の任意の場所への移動の際にトリーツで誘導していますので、今回から「ヒヤー」のコマンドで移動できるようにしていきましょう。

「待て」の基本的な理解は、まず飼い主さんが理解した上で進める必要がありますので、トリーツを与えるタイミングや意味などを考えながら動くようにして下さい。ポケットに手を入れながら動くと、ルーク君も動いてしまいます。

離れても飼い主さんへのアイコンタクトを維持できていることが理想ですのでよそ見をさせないように無理に距離を延ばさずに時間を延ばしてください。

ボールのレトリーブに関しては、まだ飼い主さんに持ってくるという認識がありませんので基本的な方法で遊びながら教えてあげて下さい。

クレートでの待機やクレートに入る意識は安定していますが、自由な時間が終わるような入れ方をすると吠えて要求してしまう場面がります。この時に、クレートに入ったからと言ってトリーツを与えるとクレート内での吠えの強化にもつながりますので注意して下さい。


関連記事

  1. P/L:レティーちゃん

  2. P/L:ローキーちゃん。

  3. with sarada 118th Yokohama-School

  4. P/L:トナ君。

  5. C/L:ソニック君。

  6. DRDN捜索基礎訓練会

  7. P/L:ひすいちゃん。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031