オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、アメリちゃん・モモちゃん・パコ君・トナ君・レティーちゃん・ローキーちゃん・ウィル君です。それぞれのステップアップトレーニングと課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

アメリちゃんは、前回に引き続き脚側行進の強化を目的にして頂きました。時々、周囲の刺激に反応し遅れなどが出ますので指導手が隙を作らないようにしていきましょう。臭い嗅ぎへの対処が前回から始まったことで今回は、指導手の動きに注視できていました。


モモちゃんは指導手が自信を持って脚側行進をすることで、とても意欲的な脚側行進が出来ていました。脚側停座の位置も前回より改善が見られましたし、自己修正しようとする意識が出ていますので今後の成長に期待します。伏臥と立止の際の落ち着きのないバタバタ感に関しては、極力冷静に対応していきましょう。できない事ではありませんので冷静さが大切です。


パコ君は、久しぶりのグループでのレッスンでしたので、今までの自主トレーニングの成果を発揮させたいところでしたが、自主トレーニングとはタイミングや誉め方、。トレーニングの方法などの違いから思うようにパコ君は動いてくれないようです。いつしか、指導手がパコ君の動きに合わせてしまう傾向も強くなっていますので尚更、脚側行進は本来の集中力の高い脚側行進にはならなくなっています。臭い嗅ぎへの意識も高いですから今一度、対応を見直してみて下さい。


トナ君は、課目間の指導手の誉めでトナ君の気持ちをリセットできるように進めて頂きましたが、この誉める行為に馴れたり、誉めるという意味が指導手からのお願いになってしまうと本来の効果を発揮しませんので注意しましょう。行進中の伏臥に関しては、体符を入れたとしても1度のコマンドで実行できるようにして下さい。自由選択科目の足飛びの反応はトレーニングでは必ずトリーツを使い実行性を高めて下さい。


レティーちゃんは、紐付き・紐無し共に非常に良い集中力の脚側行進ができていました。課目終了時の脚側停座の反応も理想的ですしポジションも安定していました。課題の行進中の伏臥に関しても実行性が安定しつつあるようですので引き続き強化してください。


ローキーちゃんは、脚側行進の際の興奮が飛びつきになりつつありますので、改善していきましょう。一定の意欲の高さがある事は全体的な集中力を高める意味では大切ですので、メンタルの部分は維持しながら動きの不安定さにつながらないようにしていく事が必要です。行進中の作業は非常に高い安定感がありますので現状を維持していきましょう。


ウィル君は、常歩の脚側行進と速歩の脚側行進での姿勢の差がありますので、再確認をしてアイコンタクトを維持した姿勢での速歩を目指していきましょう。また常歩での右屈折の際の膨らみに関しては、事前に指示を出しながらタイトな曲がり方を認識させながらステップアップしていきましょう。行進中の伏臥の体符を視符で実践できるようにステップアップを考えていきましょう。自由選択科目の遠隔作業は、伏臥へのイメージが強化されすぎていますのでバランスを整えるようにしていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. トレーリンググループレッスン。

  3. P/L:ビオラちゃん

  4. P/L:アレックスちゃん。

  5. with sarada 109th Yokohama-School。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. JKC 2022 秋季訓練競技会

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031