with sarada 152th Yokohama-School

7月並みの気温と強風の中、with sarada 152th Yokohama-Schoolを開催いたしました。参加されたのは、ポーちゃん・ぼたんちゃん・花音ちゃん・チャバディ君・たんぽぽちゃん・モモちゃん&レティーちゃん&リュウ君・トナ君・プーちゃん・ ローキーちゃん・クイールちゃんの10組12頭です。


参加メンバー











オビディエンストレーニング  

まずは、いつもオビディエンストレーニングを継続している現役チームのそれぞれの課題に対してのトレーニングを、環境の変化にも対応できるようにトレーニングを行いました。特に、いつもの場所と時間が違うことや仲間が周りに居ることで中々集中できない場面も多く見受けられました。また指導手のメンタルが影響しやすいペアが多いですから、集中をさせることと、犬を持ち上げることの違いをトレーニングの中から実感して頂きました。


過去に競技会に挑戦し数々の優秀な成績を収めたベテランチームは、シニアになり若いころのような機敏な動きはないものの、繰り返し覚えてきた動きは、いつまでも健在です。現役チームが見習わなければいけない点も多いように感じました。


久しぶりの参加となったぼたんちゃんの課題は、呼び戻しです。遊べる相手との追いかけっこの最中に飼い主さんからの呼びのコマンドに、如何に反応しコマンドを実行できるかどうか?が課題ですが、これは日頃の公園での遊びの中から修正をしていかないと、トレーニングだからという感覚だけでの対応は理解を深めません。

また、以前よりも他の犬に対しての友好性よりも威圧感の方が強くなっている傾向も見られますので、飼い主さんが事前に呼び寄せたり、止めたりできるようにして下さい。基本的なアテンションへの反応も低下しています。飼い主さんからのコマンドや声がけを無視していますので基本的な対応の見直しも考えて下さい。


プライベートレッスンでトレーニングを継続しているポーちゃんの課題である、他の犬に対しての吠えに対しての改善について、単に吠えている行動をコントロールするだけではなく、他の犬に対しての馴致も並行して行う必要があります。

ランに入った当初は、吠えている時間も長く、中々他の犬との距離も縮まりませんでしたが、スクールが終わるころには、みんなと同じタープの中でゆっくりできるくらいになっていました。これは、何度も繰り返しながらメンタル的な成長を進めていく事が必要ですので、今後も沢山の良い経験を積み重ねていきましょう。


トライアルゲーム

今日のトライアルゲームは、コマンドの反応速度のトライアルです。まずは、「座れ」のコマンドへの速度トライアルで予選を行い、決勝は、「座れ」「伏せ」までのタイムトライアルです。ほぼ、皆さんコンマ数秒の差でしかありませんが、ハンドラーの判断力と犬の集中力で順位が決まりました。

本日のトライアルゲームの優勝は、モモちゃんでした。いつもオビディエンストレーニングでは、中々伏臥の動きに対してスムーズな動きができていない事で、飼い主さんも強化していたようですが、3“16の好タイムで優勝しました。おめでとうございます。


また次回からのスクールの予定は以下の通りです。皆様のご参加をお待ちしております。スクールへの参加条件はございません。何も出来なくても何か出来るようになる為のスクールです。お気軽にご参加下さい。

◆5月23日(日) with sarada 153th Yokohama-School(ドックラン湘南)

◆6月6日(日) with sarada 154th Yokohama-School(ドックラン湘南)

◆6月20日(日) with sarada 155th Yokohama-School(ドックラン湘南)


関連記事

  1. ノーズワークグループレッスン

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. C/L:ニア君。

  4. P/L:マッシュ君。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:ローキーちゃん。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:鉄心君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31