P/L:つゆちゃん

夕方からのつゆちゃんのレッスンは、前回のカウンセリングレッスン以降の飼い主さんの疑問や現状の確認をさせて頂きながら、今後のステップアップに向けての取り組み方についてのレクチャーと実践トレーニングです。

前回のカウンセリング時は、興奮状態が強く落ち着いて座っている事ができなかったつゆちゃんでしたが、今日は飼い主さんとお話をしている間は、ちゃんとお座りをして飼い主さんを見上げる姿勢までの成長が見られました。このように望ましい行動を、つゆちゃんが選択した時に、飼い主さんが見落とさずに誉められるかどうか?が今後の飼い主さんの課題です。

他の犬への吠えに関しては、前回のレッスンでの禁止コマンドの認識が継続しているようで興奮が止まらずに吠え続けるような行動は無くなっていますが、強い敵対意識はまだありますので良く観察しましょう。

お散歩で移動しながらのすれ違いは、飼い主さんもつゆちゃんの反応を観察できませんし、どの程度の意識の改善が見られたのか?の確認になりませんので、今後は、一旦停止してつゆちゃんの意識の方向と飼い主さんからの声がけやコマンドに対しての反応の確認をしていきましょう。

一旦停止で相手の犬をやり過ごす場合は、「お座り」「マテ」の状態が望ましいですが、とにかく「マテ」で行動を止めれることが大切です。刺激レベルがMAXのポイントはつゆちゃんの正面に相手の犬が通過した瞬間ですので、そこまでは中々飼い主さんからのコマンドには反応できないと思います。しかし、今日のレッスンでも相手の犬が通過すると飼い主さんへのアイコンタクトも出来るようになっています。吠えずに我慢出来たら心から誉めて成功事例の積み重ねをしていくようにしていきましょう。

また今後のステップアップで、お散歩のスタイルを考えた場合は飼い主さんに歩調を合わせて歩けるようにすることが理想です。「ゆっくり」のコマンドで飼い主さんを意識して歩けるようにすると臭い嗅ぎで引っ張り回されることも少なくなります。

このトレーニングは、他の犬が居ない状況下で強化トレーニングとして行いましょう。吠えの改善と同時進行で行うと、つゆちゃんが混乱しますし適切なトレーニングとしての組み立てができなくなります。

課題への取り組みの場合は、課題へのトレーニングをスムーズに行う為に、誉めるベースとしての基礎トレーニングを必ず行い、意図的に誉める機会を増やしてください。「お座り」「伏せ」「マテ」「おいで」「ついて」「ゆっくり」など新しいコマンドも含めて、トリーツの取引にならないように注意をしながら飼い主さんとしての立場を確立し、魅力のあるワクワクする飼い主さんを目指してください。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:ブランシュちゃん。

  3. P/L:ポムちゃん

  4. P/L:たんぽぽちゃん。

  5. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  6. P/L:ウィル君

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:紅莉ちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031