P/L:モロ君

今日のモロ君のレッスンはFIELDでのコマンドの基礎トレーニングです。「座れ」「伏せ」「ヒール」の修正トレーニングと強化トレーニングです。

「座れ」は、コマンドに対しての実行性の向上と反応速度も向上させる必要がありますし、後肢が崩れずに真っすぐ座れるようにしていきましょう。この真っすぐ座れる事が真っすぐに「伏せ」をする事に繋がります。伏せの後肢の崩れは、前回のレッスンで行ったように真っすぐな座れから、真下に誘導して少し窮屈なポジションのような位置で誘導した方が真っすぐに伏せる姿勢に近づきます。飼い主さんの方向に引き込み過ぎると、後肢が崩れやすくなりますので注意してください。

アイコンタクトやアテンションに対しての反応も良くなっていますのでアイコンタクトを重視した接し方を考えて下さい。

先日のお散歩の際にトレーニングをし始めた「ヒール」のコマンドですが、誘導する際の飼い主さんの手の動かし方や体の使い方を再確認してトレーニングをしてください。

飼い主さんの後方から反時計回りに誘導して左脚の横にポジショニングさせますが、真横にモロ君が座るようにする為には、誘導する際に、モロ君の肩のあたりまで前方に出るくらいの感覚で誘導して、誘導した手を上にあげる事で飼い主さんの真横に座れるようになります。この際に「座れ」ではなく「ヒール」のコマンドで座らせるようにすることで、「ヒール」のコマンドのみで飼い主さんの左横にポジショニングできるようになります。

ドアの開閉に伴う場面での「待て」のコマンドの取り組み方について、色々と工夫されているようですので更に精度と実行性を高める為にパターン化しない対応を考えて下さい。また自発行動として望ましい行動をするようになってきているモロ君ですが、要求行動を伴うような動きも見られますので報酬を与える頻度にも工夫が必要です。


関連記事

  1. with sarada 130th Yokohama-School

  2. P/L:ウィル君。

  3. P/L:パコ君。

  4. P/L:パコ君。

  5. P/L:そら君。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:シェリーちゃん。

  8. P/L:モコちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031