P/L:トナ君

今朝のトナ君のレッスンは、訓練試験に向けての調整トレーニングです。脚側停座のポジションは以前より課題でしたが、脚側停座のポイントトレーニングでは一定の精度があるものの課目の中の脚側停座の精度は、まだ改善の余地があります。特にトレーニングの段階で正しい位置にポジショニングさせる指導手側の指示の出し方や報酬を与えるタイミングで、トナ君の理解が深まりポジションを認識しているのか?それとも正しい位置に停座させられているのか?の違いを良く観察してください。

脚側行進の集中や意欲は指導手の気持ちの変化でトナ君の動きに変化が出ることは、今日のレッスンでハッキリと体感できたはずです。ですが、常に平常心で臨める訳ではありませんので環境変化に対しても左右されないようにしながらコマンドへの実行性を高めながら、ターンや屈折時の遅れ、紐無し脚側行進での遅れるポイントは改善していきましょう。

伏臥と立止の課目も、脚側停座のポジションが正しくないと正しい反応が出ません。後半のトレーニングでは指導手が理想とする反応が見られていましたので、脚側停座と集中力の維持をトレーニングしてください。


関連記事

  1. C/L:こひばり君

  2. P/L:凜ちゃん。

  3.  Ruff-Ruff ノーズワーク in Ven!

  4. P/L:パコ君

  5. P/L:くま君

  6. P/L:パコ君。

  7. 雪山捜索救助連携訓練。

  8. P/L:マー君&ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930