ノーズワークトレーナークラス

本日のトレーナークラスはインドアでのアロマステージのセッションを開催しました。参加されたのは、トレーナー4名とあんなんちゃん&テン君・グート君・ぶん太君・晴れちゃんの5頭です。

アウトドアと比較すると誘惑刺激は少ないものの室内独特の対流の影響により、セントコーンへのアクセスの難易度が高くなる設定などもありました。室内での空気の流れなども設定をする上では必要な知識ですので最初のセッションではハイドの設定の確認と、ハイドに対するそれぞれの犬の反応の確認をして頂きました。また後半のセッションでは安全を確保されている条件下でのオフリードのサーチにより、今までのオンリードでは確認しきれなかった犬本来のセントコーンやセントプールに対しての反応や、残留臭に対しての反応なども経験することができました。

いつものトップバッター晴れちゃんは、相変わらず誤告知的確なアラートでハイドを発見できていました。アラートの静止姿勢も安定しています。オフリードでもハンドラーが思うよりも安定した作業ができていましたし、活き活きとした動きを見せてくれています。半面、残留臭や前回のセッションの記憶が次の作業を邪魔しているセッションもあり、誤告知をしてしまう場面もありましたが、ハンドラーが晴れちゃんのナチュラルアラートを見極められているようですので正確な告知と同時にハンドラーの観察力も高めてください。


テン君は、ハンドラーが思うよりも淡々とサーチできていました。特にオフリードでの作業は自信を持って作業できていまたように思います。一部、ハンドラーの判断ミスで誤告知を引き出してしまあいましたが、その後は修正できていました。オンリード作業の難しさはありますが、オフリードの作業でのテン君の動きは、オンリード作業にも観察という点で活きてくると思います。


グート君は、告知の静止姿勢が安定していますのでハンドラーにも自信がついてきたようです。オンリードでもサーチ速度が速いためにハンドラーが着いていけない面がりましたが、オフリードではグート君の集中力がより高くなっていることでハンドラー側からの観察はより分かり易くなっているはずです。フードステージでは、いつもオフリードでサーチをさせていましたので、それほど難しいことではありません。フードとアロマに大きな差があるように感じているようですが、ぺリングからオンリードでのセッションを繰り返していますし、フードステージよりも集中力が向上していますのでグート君の作業に自信を持ちましょう。


あんなんちゃんの作業も非常に安定しています。ハイドの場所のピンポイントの告知力は、より精度が向上してきています。残留臭に対しての反応とハイドへの反応の違いは、とても明白ですのでハンドラーの観察力を更に高めていきましょう。オフリード作業では、サーチエリアの理解も高いですしナチュラルアラートの表現力は豊かです。


犬が変わったかのようにサーチ速度が速くピンポイントでアラートできるようになったぶんた君。どちらかと言うとハンドラーがついていけていないように思えます。ご告知もなくスタンダードハイのハイドの設定もシンプルにセントコーンを辿り告知できていました。告知時のトリーツのタイミングがズレてしまう、静止姿勢の維持が不安定になりますのでハンドラーはトリーツのタイミングを再確認してください。クレートから中々出てこなくなっていたぶんた君から今のぶんた君を比較すると本来のノーズワークに取り組むべき意味である「犬の内面の成長」を強く感じました。


関連記事

  1. ノーズワークグループレッスン

  2. ノーズワークグループレッスン

  3. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  4. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  5. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  6. ノーズワークグループレッスン。

  7. ノーズワークレッスン。

  8. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930