ノーズワークトレーナークラス

本日のトレーナークラスはアウトドアでのアロマステージのセッションを開催しました。参加されたのは、トレーナー4名とあんなんちゃん&テン君・グート君・ぶん太君・晴れちゃんの5頭です。

湿度も高く屋外における誘惑刺激の多い中でのセッションとなりましたので中々サーチに集中できない場面も見られました。ペアごとに今日のセッションを振り返りながら再構築していくべき面を確認していきましょう。

晴ちゃんは、非常に安定したサーチと告知ができています。最初のセッションのチェックマークにおいても理想的なセントコーンへの反応を見せてくれていました。ハイドへのピンポイントのアラートもできていますしアラートの静止時間もハンドラーには非常に分かり易く表現できるようになってきました。セントプールへの反応と、そこからハイドへ到達するまでの動きもとても分かり易く作業できていました。


グート君は、相変わらずハンドラーの自信のなさが目立ちますが、グート君自身は、非常に自信に満ち溢れ安定したサーチができるようになってきました。特にスタートの意欲は、以前のフードステージの際のスタート以上に意欲的でセントプールやセントコーンにも明確な反応を見せ、ハイドへの到達と告知も安定してきました。告知動作の静止時間も延びていますので、作業前のトイレをシッカリ行ったらリードを充分な長さで活用してグート君のハイドへの反応を観察しながら自信をもってサーチさせて下さい。


あんなんちゃんは、とても安定した作業をしていますが、時々誘惑臭に反応してしまいますので見極めが必要です。特に今日は、公園内に生息する台湾リスに対しての反応が顕著で、サーチに集中できていないようでした。そんな中でもセントコーンへの反応は、明確に出ていますので環境刺激に左右されないようなトレーニングも組み込みながら進めてみるのも良いかもしれません。


ぶんた君は、何度も来ている公園ですが、エリアが違ったり人探しのスイッチが入ると全くサーチに集中できないようです。ハイドとの距離が近くなると一定の反応は見られますし、サーチへのスイッチが切り替わると正確なアラートができますので、以前から取り組んでいる環境に対しての馴致能力の向上を考えながら進めていきましょう。


テン君は、1回目のセッションは、とても良い動きをしていましたが、2回目以降のセッションでは苦手な高齢の男性とリスにサーチの意欲を削がれてしまったようです。トリーツのチョイスも少し難しいようですが、基礎段階の意欲の強化を再度、進めていきましょう。アロマへの認識や作業の理解はできていますので誘惑刺激に負けない意欲づくりを!



関連記事

  1. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  2. ノーズワークグループレッスン。(C)

  3. ノーズワークグループレッスン。

  4. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  5. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  6. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  7. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  8. ノーズワークグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31