P/L:ウィル君。

ウィル君のレッスンは、オビディエンスの強化トレーニングです。脚側行進のスタートの遅れや集中力の持続時間が短くなり、環境刺激に左右されやすくなっていますので、誉められる正しい動きは何なのか?を理解させながら指導側からは、ウィル君が同調しやすいコマンドの出し方や動きのタメを作ることなどを実践しました。

特に紐なし脚側行進に関しては、同調性が低下しますので指導手側からのタイミングの良い指示や誉めが的確にフィードバックされることが重要なポイントです。行進中の伏臥と停座の課目に課目に関しても、脚側行進が確実に安定していないと先読みをして指導手のコマンドよりも先に動いてしまう事は絶対に避けなければいけませんので、トレーニングの中ではパターン化させないことも重要です。同時に伏臥のトレーニングだけではなく、停座のトレーニングとのバランスも大切ですが、脚側行進をスタートからシッカリと集中してできていれば、多くのことを考える必要はありません。


関連記事

  1. P/L:トナ君。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. C/L:大和君

  6. P/L:タンゴ君。

  7. P/L:ソラ君。

  8. P/L:ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31