オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、モモちゃん・たんぽぽちゃん・レティーちゃんです。強風の中で指導手が立っているのも難しい中でしたが良く頑張りました。

モモちゃんは、脚側停座のポジションの改善を中心に行いました。特に動きを伴い脚側行進の課目終了時の脚側停座のポジションが本来の位置からのズレが大きい状態ですので改善が必要でした。脚側行進の右回りの動きとは違い、タイトに回り込んで脚側停座の正しい位置に停座させる必要がありますので、現在の癖を改善できるように工夫していきましょう。このトレーニングでは指導手の動き方でモモちゃんの理解の進捗状況が変わりますので、分かり易く丁寧に且つスピード感のある動きを身につけましょう。脚側行進の左回りは、綺麗に回れますので指導手の必要以上の視符やぎこちない動きを改善していきましょう。招呼のタイミングは良くなっています。


たんぽぽちゃんは、脚側停座へのコマンドに対しての反応が、前回よりも素早くなっていますし持続性も高くなっています。脚側行進の距離も延びるようになってきていますので、誉めるタイミングを考えて強化を進める事が必要です。また、一旦停止の意識を高めすぎるのも良くありませんので、動きながらコマンドを出して正しい動きを誉めるようにします。但し、誉め続ける事はステップアップに進むうえで消去する必要がりますので集中力を延ばすようにして下さい。環境刺激への余所見を無くすことが、スタート時や脚側中の集中力につながります。招呼の反応は、とても速くなっています。伏臥や立止のコマンドの際の切り返しは、1度で正しい停座位置を維持させてください。


レティーちゃんは、紐付き脚側行進と紐無し脚側行進の誤差が、以前よりも少なくなりつつあります。まだ臭い嗅ぎへの意識は高いですからコマンドの実行時は、集中させることを強く意識させましょう。行進中の伏臥に関しては、まだ伏臥の際の肘浮きが目立ち、コマンドの実行性が安定していません。トレーニング方法の選択により、伏臥への意識が高まる場合と、そうならない事にもつながりますので、焦らずに丁寧に進めて下さい。行進中の停座は現在の段階では問題ありません。自由選択科目は、リスクの少なく完成度が高い課目を選択できるようにしていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:ルードリッヒ君。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:メアリーちゃん。

  5. P/L:ヴァイス君。

  6. P/L:ブランシュちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. with sarada 139th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31