C/L:茶々乃介君。

カウンセリングにお伺いした茶々乃介君(柴犬5ヶ月♂)のご相談は、最近気に入らないことがあると鼻にしわを寄せて唸ったり噛んだりする行動に困っていらっしゃるようです。

月齢的にも、少し自我が出てくる時期ですのでご家族全員が同じルールの元で良い関係を築いていかなければいけない時期でもあります。パピーの頃のように撫で回すことに対しても♂犬としてのプライドが、飼い主さんからの戯れに対して拒否するような反応をする事もあります。日本犬の場合、極端に撫で回したりする事に対しては、個体差はありますが、あまり好まない行為でもあります。これを良いイメージに改善してあげる作業を日々の生活の中で楽しく進められれば受け入れてくれることも充分に可能です。茶々乃介君に一方的に受け入れさせるような対応はせずに、茶々乃介君の気持ちの変化や成長を飼い主さんが理解しながらストレスの少ない関係を築いていきましょう。

アテンションに対しての反応も、日頃から良いイメージとして関連付けられていないようですので反応が弱くなっています。アイコンタクトと一連の関連付けをトリーツを使い強化しましょう。また、この時に大切なのはタイミング良く誉めることです。今日のレッスンでは、ご家族全員が「誉める」という表現が非常に不足しています。恥かしがらずに正しい行動は誉めて評価してあげて下さい。お散歩も、リードを持っている人の傍で一緒に歩くことを教えて屋外の様々な環境刺激に馴らす事や、充分な運動を与えながらストレス発散に努めて下さい。

とても理解力も高いですから、基本的なコマンドを楽しく教えながら遊びを通してコミュニケーションをとれるように家族全員で同じルールの下、頑張ってみて下さい。


関連記事

  1. P/L:プーちゃん。

  2. P/L:凛ちゃん。

  3. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  4. P/L:ムッシュ君。

  5. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

  6. P/L:獅子君。

  7. ノーズワークグループレッスン。

  8. with sarada 129th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031