C/L:パーシー君。

カウンセリングとレッスンでお伺いしたのは、パーシー君(Mix♂推定2歳)です。宮古島からのレスキューで里親になられて1か月半が過ぎています。ご家族から沢山の愛情を受けて、大切に育てられておりご家族との信頼関係のベースも築かれつつあります。極端にシャイな面はないものの、環境の変化と新しい環境に馴れてきたことによるテリトリーの主張などから、警戒吠えがみられます。

今回のカウンセリングの内容は、パーシー君との生活の中で不足している点の確認や、お留守番の際の環境整備についてのアドバイスと呼び戻しなどのコマンドの強化トレーニングなどについてです。

お伺いした際のコンタクトの段階では、スムーズに受け入れてくれていましたが、急に何かに気づいたように吠えてみたり、受け入れてみたりとメンタルの起伏が頻繁に訪れます。しかし、ニンゲン側からの意図を理解する能力は安定していますので、基礎トレーニングとなるアテンションとアイコンタクトのトレーニングは、現状の接し方の改善と共に新しいコミュニケーションの取り方として今後の生活の中で継続してください。

お子様方とは、距離間が縮んでいるようですので、同じ程度の距離間で接することが出来るようにトレーニングをしてみて下さい。アテンションを大切にすることと、アイコンタクトとの関連付けを理解させて、お座りとの連動ができるようにしてみて下さい。呼び戻しの基礎は、飼い主さんの直近まで来ることがポイントです。「待て」のトレーニングと一緒に行わない事やコマンドの本来の意味など、飼い主さんが覚えて頂く事が沢山ありますので、パーシー君と楽しみながらトレーニングをしてみて下さい。

お散歩に関しては、他の犬への警戒心なども見られますので、無理に接近させずにパーシー君の反応を良く観察して最善の対応を考えて下さい。ハーネスと首輪の選択に関しても事故につながらないように選択を考えてあげて下さい。室内でトレーニングをしたアテンションへの反応は、屋外でも反応できていましたので、今後の可能性も感じられます。無理をせずに沢山の良い経験を積ませてあげて下さい。


関連記事

  1. P/L:いちごちゃん。

  2. P/L:ライス君。

  3. P/L:だいずちゃん。

  4. P/L:花音ちゃん。

  5. P/L:パルフェ君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  8. P/L:たんぽぽちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930