オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンは、小雨の降る中の環境下でのトレーニングをランを利用して行いました。

ローキーちゃんは、いつものトレーニングとは違い指導手の動き方やローキーちゃんの動きに合わせる動きがなくなることで、脚側行進の遅れが目立ちます。また声掛けや報酬のタイミングなども少し変わるだけでも犬のメンタルの変化が見られます。また、脚側行進の遅れに対しての視符を利用した指示は、視符を出すタイミングを一定にしておかないと、遅れても良い事になりますので、指導手の視界視野の安定性もポイントとなります。伏臥と立止の改善点である脚側停座のポジションの精度に関しては、改善されてきていますので伏臥と立止の姿勢も真っ直ぐになってきました。


トナ君は、スタート時の脚側停座の実行性が安定しない事で、その先に進むことが中々できません。環境馴致を考える事は、とても大切ですしトナ君の場合は、必要不可欠な要素です。しかし、ここの場所の認識は既に安定している事を考えると、指導手のコマンドに対しての不服従の態度である判断の方が正しいようです。以前よりも日常での対応やトレーニングを頑張り成長を続けているペアですが、コマンドの形だけを性急に進めると、表面的な結果だけで、従う心の進歩をおざなりにしてしまう事になりますので、肝心なところで結果を出せなくなります。飼い主さんである指導手からのコマンドに、喜々として従える心を丁寧に育てて行けるように、これからも取組んでいきましょう。課目以外の課題である呼び戻しなどにも、現在のコマンドに対しての実行性(従う心)が不安定ですのでスクールなどの刺激の中でもトレーニングをしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ぼたんちゃん。

  2. P/L:ローキーちゃん

  3. P/L:ローキーちゃん。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. P/L:ヴァイス君。

  6. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  7. P/L:花音ちゃん。

  8. P/L:獅子君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30