P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

今朝のモモちゃん&レティーちゃんのレッスンは、オビディエンストレーニングでの、それぞれの課題についての現状の確認とステップアップトレーニングです。

集中と開放

レティーちゃんの課題は、特に臭い嗅ぎのコントロールですが、指導手への集中力が維持できていれば、臭い嗅ぎの行動は出ないはずですので集中できている時間を確実に延ばしていくようにトレーニングに工夫が必要です。

トレーニング全体の組み立て方や、トレーニングの中での誉めるタイミングやトリーツのもらえるタイミングなどが、いつしかパターン化してしまうと、そのパターンに対しての犬の動きだけが学習され、それ以外の瞬間的な時間に周りの刺激に反応してしまう事も課題の要因です。ですから、トレーニングは集中している時間の中で組み立てを考えるようにしていきましょう。また、レティーちゃんの動きや視線に指導手の動きを合わせてしまう無意識な行動も出ていますので意識的にレティーちゃんを動かすことを考えましょう。新しい伏臥の動きに関しては、前回よりも理解が進んでいますのでハンドシグナルを小さくしながら声符のみで動けるようにステップアップしていきましょう。

興奮の抑制で冷静なトレーニングを

モモちゃんは、とにかく興奮度が高くなるとコマンドに対しての実行性が低下してしまいます。興奮を抑制しようとしている指導手の言葉させも興奮のスイッチを更に加速させることにもつながりますので興奮を抑制する為の適切な対応は必要になります。

脚側停座の位置は、以前よりもかなりポジショニングの改善が見られます。まだ真っ直ぐな脚側停座の修正が完成されていませんので微妙な角度ですが、斜めに停座してしまうのは、気持ちの中での脚側停座の意識は、真っ直ぐになっていない証拠ですので、引き続き改善に取組みましょう。脚側行進の指導手との距離間に関しては、指導手が気にするあまりに、脚側行進がモモちゃんの方向に寄り添うように脚側行進をしてしまう傾向が見られますので、指導手の進む方向を譲らずに、モモちゃんが指導手側に寄り添うような脚側行進を目指しましょう。伏臥の肘浮きの改善も、コマンドを連呼するよりもトリーツのもらえる姿勢を理解させるべきですが、その前に興奮度を抑制して冷静にコマンドを聞けるようにしていきましょう。

関連記事

  1. P/L:ひすいちゃん。

  2. お知らせ。

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:花音ちゃん。

  6. P/L:ブランシュちゃん。

  7. ー お知らせ -

  8. P/L:ローキーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031