P/L:Mike君。

今朝のMike君のレッスンは現状の確認と日々の生活での疑問点に関しての改善点とコマンドの基礎トレーニングなどです。

興奮のスイッチからの飼い主さんへの転嫁行動に関しては、飼い主さんの観察力や対応力も以前とは違いが出てきているようで正しくない行動の経験をさせないようにする事は継続できているようです。飼い主さんの存在感が出てきていますのでMike君も飼い主さんを意識できるようになっていますしアテンションに対しての反応も速くなっています。

「Stay」で飼い主さんが離れても飼い主さんを注視するという基本姿勢を短い距離から強化します。この「Stay」は、様々なシチュエーションで使用しますが、コマンドを使うニンゲン側に、このコマンドの意味を正確に理解して使用している事が少なく、どちらかと言うと口癖のように「Stay」を織り交ぜて使う飼い主さんを多く見受けます。「Stay」の本来の意味を理解した上で、現在の課題やコマンドの強化トレーニングに活かせるようにしていきましょう。

「Down」はしますが、「Downし続ける」という事ができません。これは、「Down」のコマンドを教える段階でのルアートレーニングからのステップアップができていない事や、いつまでもコマンドを実行させる為のトリーツの役割から離脱できていないからです。また「Good」という誉め言葉を出すタイミングや「Good」という誉め言葉として発しているつもりの飼い主さんの意図とは違い、Mike君には誉め言葉ではなく、ご褒美が出てくる合図としての認識が強くなっているようです。ですから「Down」をさせても、報酬を与えようとして左手がポケットに動くと、「Down」の姿勢を解除して立ち上がります。この繰り返しとなる為に、飼い主さんには改善の方法が見当たりません。しかし、誉める意味やコマンドの出し方など、今までの学習とは違うアプローチで取組むと、左手が動いてもトリーツを持っても、「Down」の姿勢を維持できるようになります。あくまでも解除されるまで姿勢を維持させておくことがコマンドの意味ですので、飼い主さんは責任を持ってコマンドを出すようにして下さい。

このトレーニングでも、Mike君が飼い主さんをシッカリと見上げられるようになっています。焦らずに根気強く、例外の無いルール作りに取組んでいきましょう。今は新しい習慣に向けて意識的に動かなければいけませんので、とても大変だと思いますが、必ず習慣化され無意識に適切なコマンドと対応ができるようになります。是非、頑張って下さい。


関連記事

  1. with sarada Lodging training in MON…

  2. P/L:ルカ君&ハナちゃん。

  3. P/L:凜ちゃん。

  4. P/L:ゲイリー君。

  5. 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  6. P/L:高峰君。

  7. P/L:レオ君。

  8. ノーズワークSummer Class in Ven!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031