オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、リンゴスターちゃん・トナ君・レティーちゃん・ローキーちゃん・たんぽぽちゃん・モモちゃん・リュウ君・タンゴ君の6組8頭です。

リンゴスターちゃんは、報酬の頻度を落としてトレーニングを組み立てようとしていますが、リンゴスターちゃんの歩速の遅れに対して指導手が合わせてしまうと現在の課題の克服に繋がりませんので注意しましょう。紐なしでは、紐付きとは明らかに指導手の動きに違いが出ています。課目終了時の脚側停座は、安定してきていますし伏臥の速度は、以前よりも速くなってきていますので更にステップアップしていきましょう。


トナ君は、指導手の視線や肩の動きを基準として脚側停座の位置を認識していますので次のステップアップとして、指導手の姿勢が一定で真っ直ぐな基本姿勢の状態でトナ君のみが脚側停座の位置に移動できるようにトレーニングをしていきましょう。犬に合わせないという観点からも、指導手がトナ君に合わせて動くコマンドは極力なくしていきましょう。この脚側停座のポジショニングがハッキリすると招呼での「ついて」のコマンドへの反応と実行性も変化しますし、脚側行進への集中力も高まります。


レティーちゃんは、前回の注意点を指導手が理解してトレーニングができているかどうか?がポイントですが、どうしてもニンゲン側の欲が勝り、脚側行進の距離を延ばしてしまうことで、視線の維持が出来ない状態に陥ります。求めている理想的な動きを短くてもいいですから正確につなげていけるように我慢をしながらトレーニングをしてみて下さい。レティーちゃんの持っているポテンシャルや反応速度に後手になっているのが現状ですので対応を頑張って下さい。


ローキーちゃんは、脚側行進のスタート時のコマンドと声掛けがセットになりすぎている事や視線が落ちてから脚側停座で止まる場合の視符のタイミングなど、本来トレーニングで改善しようと考えるニンゲン側の感覚と、ローキーちゃんの学習や、その先にある理解に繋がらない対応になっています。コマンド後の誉めは無くして短い距離で構わないですから正しく動けた状態で誉めるようにしていきましょう。誉めるタイミングは、 終わったことを誉めずに あくまでも集中している時間を誉めるようにしましょう。伏臥のステップアップは、いつの方法だけを行うのではなく対面や、少しずつポジションをずらしながら脚側停座のポジションへ移動してみてください。


たんぽぽちゃんは、課題の1つである立止の練習を見せて頂きました。室内やいつもの公園などとは違う環境下では集中が持続できずに立止のコマンドも中々1度で実行できませんでしたが、時間の経過と共に冷静にコマンドを聞けるようになっていました。どのコマンドも脚側停座の集中なくしてはスタートできませんので脚側停座のポジションのイメージ向上に努めましょう。指導手も、その点については強化したい意向があるようですので、指導手側の準備をシッカリと行いながらたんぽぽちゃんのペースに合わせないようにしながらたんぽぽちゃんがコマンドを優先したことをタイミングよく誉めながら自発性を強化して下さい。


モモちゃんは、意欲の高さと、その意欲を引出す高いレベルのモチベーターの使い方を指導手が理解して冷静に取組み必要があります。特に紐なしでのトレーニングでは、モチベーターを得る為には、どうすればよいのか?をモモちゃんに理解させられるようなトレーニングの組み立てが必要です。モモちゃんの動きに惑わされずにシンプルにコマンドを冷静に出しながらコントロールできるようにしていきましょう。招呼のバランスも良くなっていますので今後のステップアップも意欲を落とさないように進めて下さい。


リュウ君は、「座れ」のコマンドもトリーツとの取り引きから報酬への切り替えができてきています。今日は脚側停座のポジションの強化を行いましたが、興奮状態の中では理解が進みませんので冷静に進めていけるようにしていきましょう。現段階では、トリーツの誘導で正しいポジションを教えて脚側行進へステップアップできるように進めたいと思います。「待て」の強化では、限界が来ると鼻鳴きが出てきますのでオビディエンストレーニング以外で鼻鳴きへの対応トレーニングは必要です。


タンゴ君は、周りから受ける環境刺激・誘惑刺激に非常に弱い為に飼い主さんからのコマンドへの反応や集中の持続が中々できません。脚側停座の姿勢の維持が基本となりますので脚側行進平行する場合は集中していないと理想的な動きになりませんので脚側停座の強化を日々進めましょう。コマンドを出したら必ず実行させる飼い主さんの強い意思と、実行しない選択肢は無いという理解を深められるようにして下さい。オビディエンス以外でも日頃から、沢山の刺激の中での基本コマンドの実行性を向上させられるように考えてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:マフィン君。

  2. P/L:あかぷくまる。

  3. P/L:クー君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:ひすいちゃん。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  8. P/L:花音ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930