P/L:みたらし君&おはぎちゃん&ずんだ君&おかきちゃん。

カウンセリングと初レッスンでお伺いしたのは、みたらし君(2歳半♂)&おはぎちゃん(4歳♀)&ずんだ君(1歳2ヶ月♂)&おかきちゃん(1歳2ヶ月♀)のフレンチブルドックのファミリーです。

飼い主さんと一番長く生活を共にしているのは、おはぎちゃん。とても協調性があり集中力もあります。お留守番の長い時期もあったようで飼い主さんが呼ぶと、なかなかコマンドを聞いてくれません。これは過去の経験などが大きく影響していますので丁寧に改善しながら現在の課題を克服しましょう。トイレに関しては、100%ですので現状を維持してコマンドの基礎トレーニングを進めて下さい。

みたらし君も、未虚勢の♂犬としては温厚なタイプです。飼い主さんへの集中力も高く、新しいコマンドのトレーニングに対しての適応力も高く良く理解が出来ています。課題は、トイレの失敗ですが、1日の中のお散歩の時間を再考していく事と、トイレトレーでの確立が低いようでしたらベランダでのトイレの習慣を見つけさせることとトイレのコマンドの理解も進めていきましょう。またずんだ君との権威争いなどは受身だったとしても必ずヒートアップしますので事前にコントロールすするようにして下さい。

おかきちゃんは、とてもアクティブな1歳2ヶ月。好奇心旺盛で反応も速く食欲も旺盛。新しいコマンドの理解やステップアップに対しての集中力はとても高く理解力もありますが、意欲が高い分「待て」のコマンドが苦手です。このタイプの「待て」のトレーニングは、ジリジリ動き出す傾向が見られますので、失敗をさせないようにトレーニングを組み立てるようにしていきましょう。食欲旺盛なのは、トレーニングを進める上ではとても有利です。

ずんだ君は、何かとみたらし君の行動が気になるようです。多頭での飼育の場合は未虚勢の♂同士の権威争いが、大きなトラブルにもなりますので充分に注意しましょう。トレーニングの際も、とても気が散りやすい傾向がありますので、最初からあまり長い時間のトレーニングは行わずに、観察学習の時間を延ばして意欲や集中力に結びつけるようにして下さい。

今日のレッスンは、基本となるアテンションコマンドとアイコンタクトの認識の強化・お座りのステップアップ・呼び戻しの基礎トレーニング・「待て」の基礎トレーニングなどです。

飼い主さんも今までには考えなかった新しい知識や対応の仕方を日々の生活で実践していかないと現在の課題の克服や新しいコマンドの強化と認識は進みませんので今まで無意識だった行動を意識的に行い楽しい犬生を送れるように学んで下さい。今日のレッスンは、あくまでも導入段階ですし、それぞれのに個性がありますので、臨機応変にそれぞれのトレーニングを進めて下さい。またお散歩の改善点などは、また次の機会にでもトレーニングをしてみましょう。


「待て」で集合写真もコマンドを認識できるようになると、どこでもできるようになります。頑張って下さい。


関連記事

  1. P/L:ローキーちゃん。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. 広島県消防学校救助科特別授業

  4. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:パコ君。

  7. P/L:高峰君。

  8. P/L:杏ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031